まずはTOEIC600点の実力ってどれくいなのか見てみよう!

600点レベルの実力の目安

      1. ゆっくりと話してもらえば会話が理解できるところがある
      2. 多少の意思疎通が出来る
      3. メールは時間がかかるが読むことが出来る
      4. 基本文法は身についている
      5. 履歴書に書こうか書かないか迷うレベル

 

やっぱり600点はクリアしたいね!できればもう少し上のレベルにいきたいけど、今は600点を目指して頑張らなきゃ!

目標正解率の目安~パート別~

次は各パートでどれくらい正解すればいいか?見てみよう!

(情報元:TOEIC L&R 直前の技術)

600点 700点 800点
合計(200問) 123 140 160
Part1 (6問) 4 5 5
Part2(25問) 16 18 20
Part3(39問) 24 27 31
Part4(30問) 17 20 24
Part5(30問) 20 22 25
Part6(16問) 9 10 12
Part7(54問) 33 38 43
だいたい6割正解すればいいのか?これなら取れそうな気がしてきたぞ!
TOEICは6割正解したから、「600点」ではないみたいだから、目安として使ってね!

勉強方法 リスニング

いよいよ勉強方法だな。でもリスニング苦手なんだよな~
始める前からそんなこと言って(怒)
ちゃんとポイントを押さえておけば大丈夫だから確認してね。
I got it!(わかった!)
なぜ?いきなり英語(汗)

 

Part1対策~勉強法~

Part1の勉強方法を確認しよう!
      1. 語彙力は練習問題でつける
      2. 単語は単語帳で覚える
      3. 聞こえたまま、表現文を覚えてしまう

 

質問でーす!単語集は使わなくていいの?
今は練習問題でも知らない単語がたくさん出てくると思うから、それを覚えていけば大丈夫よ!
単語帳なんて作る必要あるの?めんどくさいじゃん!
単語帳を作っておけば、ちょっと空いた時間も利用できるから絶対作っておいた方がいいわよ!
「聞こえたまま覚える」ってどういうこと?
英語は単語と単語を「つなげて発音する」から、「単語だけの発音」とちょっと「違って聞こえる」からよ!
これに慣れておかないと、リスニングがなかなか上達していかないから気をつけてね!
はーい!じゃあ早速Part1から勉強を始めようかな。
ちょっと待って!リスニングの勉強はPart2から始めた方がいいの!
なんで?Part1が一番簡単そうだから、ここから始めた方がいいんじゃない?
Part1は6問しかないの。でもPart2は25問もあるのよ。
それに選択肢も3つだから正解しやすいの、だからPart2から勉強を始めた方がスコアが伸びやすいの。
そうなんだ~。じゃあさっそくPart2の勉強方法を見てみようかな。

Part2対策~勉強法~

      1. 質問文と回答のセットで覚える
      2. 解いた問題は「聞いた瞬間に意味がわかる」ようにしておく
      3. 消去法が効くのでコツを覚えておく

 

Par2の勉強方法はこの3つのポイントをおさえればいいんだ。
でも、ちゃんと覚えられるかな?
覚えようとしない方がいいのよ!どうせ、あなたは約束もすぐに忘れるでしょ!
・・・。ど、どういうこと?
思い出せばいいの。英語は覚えたと思っても「使ってないと忘れてしまう」から思い出せばいいだけなの。
そう考えればいいんだ。「復習が大切」ってことだね。
そう。そうすれば聞いた瞬間にわかるようになってくると思うわ。
何回くらい聞けばいいんだろう?
難しい質問ね。ちょっと私から質問するね。
「Thank you」の意味わかる?
もちろんわかるよ。「ありがとう」でしょ。
何回聞いたか覚えてる?覚えてないわよね。それと同じことなの。
なるほどね。回数は意識しないで、自然とわかるようになるまで聞けばいいんだね。
そう。そのためには毎日英語に触れることが大切なのよ。
「継続は力なり」だね。あと、Part2のコツが気になるんだけど。
せっかく勉強してるんだから結果が欲しいわよね。そのためにコツを覚えておけば正解する確率が上がるの。
もちろん。コツも教えて下さい
コツはたくさんあるから、また今度ね。

リスニングのコツについてはこちら

Part3対策~勉強法~

気を取り直して、Part3の勉強方法を見てみようかな。
      1. 練習問題を聞くだけではなく、本文を相手がいるつもりで自分で発音する。
      2. 先読み力をつけるため質問文は読み慣れておく
      3. 速聴を取り入れてスピードに慣れておく

 

ちょっとレベルが上がってきたな
そうね。でも大丈夫よ。Part2の勉強で耳が鍛えられているはずだから。
試しに練習問題をやってみたよ。
どうだった?
聞き取れたり、聞き取れなかったりだね。
そう。聞き取れたとこで正解するために「設問の先読み」が必要なの
設問の先読みって何?
Part3やPar4は設問が書かれているでしょ?それを先に読んでおけばいいの。
そうか。ちょっと読んでみよう。
ん~結構時間かかるな。
時間がかかると次の問題が始まっちゃうから、読むスピードも大切なの。
リスニングだけど読む力も必要ってことだね。
設問のパターンは決まっているから、普段から読み慣れておけば大丈夫よ。
よし。これでPart3もなんとかなりそうな気がしてきたぞ。

Part4対策~勉強法~

リスニングの最後はPar4だね。Part3と同じかな。
      1. 練習問題を解くだけでなく、本文を相手がいるつもりで発音する
      2. 速聴を取り入れて耳を鍛えておく
      3. 専門用語が多い苦手分野はあと回しにし、得意分野(ジャンル)を増やす

 

さっき言い忘れたけど、自分で音読することも効果があるの
先に言ってよ~
ごめんね。特に相手に話してるつもりで音読するといいのよ。
俳優みたいに?
そこまでやる必要はないけど…あ!あと速聴もいいわよ!
知ってるよ!速いのを聞くと普通のスピードが遅く感じるんだよね。
そう。今はアプリとかパソコンで簡単に速度が変えられるから便利だよね。
スマホでリスニングが出来るのはいいよね。
そうね。あとPart4はいろんなジャンルがあるから得意なジャンルを作っていくようにしてね。
OK!まずは天気予報とか交通情報から得意にしていこうかな。
それでいいと思うわ。なるべく身近なジャンルの方が覚えやすいしね。
よし!これでPart4も何とかなりそうだ。
次はリーディングに行ってみよう!

リスニングのコツについてはこちら

勉強方法 リーディング

リーディングは時間が足りないっていうな。まずは時間配分を見てみるか。

時間配分の目安

1問あたりの時間 パート全体の時間
合計 75分
Part5 20秒 約10分
Part6 2分30秒 約10分
Part7 1分~1分30秒 約55分
10分、10分、55分だな。次は勉強方法を見てみよう。

Part5対策~勉強法~

Part5は得点が取りやすいって聞いたことがあるので、ここから始めてみよう。
      1. 問題を解くだけではなく全文を読むようにする
      2. 1日5問くらいは新しい練習問題を解き、あとは復習に時間を充てる
      3. Part5のコツは覚えておく

 

勉強方法はリスニングと似ているな。
そうなの。ただリーディングは単語が難しくなってくるし、文法も必要になってくるの。
Part5は穴埋め問題だけど、解くだけじゃダメってことだね。
分かってきたわね。ここでちゃんと読んでおけば、単語力と読むスピードがついてくるからね。
文も短いからちょうどいいね。ここで読む力をつけてPart6にステップアップしよう。
あせらないで、コツもちゃんと見ておいてね。
スコアアップのためには絶対必要だから。

リーディングのコツについてはこちら

Part6対策~勉強法~

Part6の勉強法は?ん、日本語に訳すクセをつけないだって?
      1. 練習問題は全文を読んで回答する
      2. 日本語に訳すクセをつけないようにする
      3. Part6のコツは覚えておく

 

日本語に訳さないと意味がわからないんですけど!
始めは仕方ないけど、クセがついちゃうと読むスピードが上がっていかないのよ。
じゃあ、どうすればいいの?
リスニングと同じよ。自然に理解できるようになるまで何回も読むの。
覚えようとしないで、思い出せばいいって事?
その通りよ。聞くか読むかの違いだけなの。
なんか、わかってきたよ。
少しずつでも毎日やればいいんだね。
そう、それがわかれば600点はクリアできると思うわ。
あとはPart7の勉強法とコツに目を通せば完璧ね。

Part7対策~勉強法~

最後はPart7だ。何をやればいいんだろう?
      1. 読むスピードを意識する
      2. ハイレベルな語彙力が必要
      3. 1日1問で良いので新しい練習問題を解く

 

やっぱりハードルが高いな~
そうね。ここは実力勝負なの。
でもあきらめないでね。
もちろん。あせらず少しずつでもいいんだよね。
1日1文でいいから、毎日読んでれば実力がついてくるからね。
わかった。あとはTOEIC本番まで頑張ってみよう。
本番ではわからない問題はあきらめることも肝心よ!
そうしないと時間が無くなっちゃうから。
もったいない気もするけど。全部終わらす方が大切ってことだね。
そう。だからリーディングのコツも目を通しておくようにしてね。
時間配分とあきらめる問題の目安になると思うから。
Thank you for reading my article.
え?この人本当は英語できるんじゃ・・・

リーディングのコツについてはこちら