TOEICスコアアップのイメージ写真
私のイチオシ英語教材「スタディサプリイングリッシュ」の使い方を紹介しています。

忙しくてスキマ時間しか取れない社会人の方の参考になれば幸いです。

「TOEICのスコアが上がる一番良い教材」を前提とした記事です。

その1 レッスンの順番

勉強を始めるとPart1から始めたくなりますよね。

ですが、ここは思い切ってPart2から始めましょう。

短期間でスコアアップさせるためには、得点をとりやすいパートから攻略した方が効果が高いからです。

私がおすすめする順番は

Part2Part5⇒Part1⇒Part6⇒Part3⇒Part4⇒Part7

です。

Part5以降は正直どの順番でもあまり変わらないかもしれませんが、短期間でスコアを伸ばしたいなら最初の2つは絶対におすすめです。

その2 同じレッスンばかりやらない

復習はとても大事です。

しかし1日に何度も同じことばかりやるのはおすすめしません。

一つずつ完璧にしてから次へ行くのではなく、わからない事を確認したら次へ行くようにした方が良いと思います。

理由は一度覚えても忘れるからです。

私の経験上、忘れたことを思い出す方が身についていきます。

そのためには、変な言い方ですが「忘れるために時間を空ける」必要があるんです。

短期で覚えた事はすぐに忘れてしまいます。時間をかけて覚えた事はなかなか忘れないように出来てると思います。

ですので「今日はこれを完璧にする!」ではなく1カ月で「Part2全部を完璧にする!」と長期的な目標を設定して取り組むと良いと思います。

その3 単語のチェックに時間をかけない

単語のチェックは1回数分でOKです。そのかわり1日に何回もチェックしましょう。

これも先ほどの「覚えた事は忘れるもの」という考え方を前提にした勉強方法です。

私の場合、単語チェックは1回1分、そのかわり1日5回以上は単語帳(昔はアプリがなかったので)を見るようにしました。

そして「単語を見た瞬間に意味がわかる!」これを目指して単語は覚えていくようにしました。

この「瞬間で」というのがとても大切です。リスニングでは特に「あれ?この単語の意味なんだっけ?」と迷ってしまうとアウトです。

英単語も長期的に「瞬間で理解できる単語を増やす」という目標の立て覚えていくのが良いと思います。

その4 平日と休日で使い方を変える

平日はスマホ、休日はパソコンと使い方を変えてみましょう。

特に「ディクテーション」と「シャドーイング」は休日にパソコンでやるのがおすすめです。

この2つの勉強法は効果は高いのですが

「スマホで文字を入力するのが苦手」

「発声するのが面倒!」

という私のような人は、やらなくなってしまう可能性が高いからです。

休日は「ゆっくりと少しでもいいからやる」このような気持ちで英語に取り組むの長続きするコツだと思っています。

その5 TOEIC本番の雰囲気を知る

TOEICを受けた事のある方はご存知ですよね?あの独特な雰囲気を!

みんな凄い人に見えるのが不思議です。

TOEICで良くあるのが

「聞き取りできた」

「知ってる問題が出た」

こんな時でも間違えてしまうんです。私も数多く経験したんですが、リスニングに集中して聞き取れたけどいざ問題を解こうとしたら「あれ?何だっけ?」と忘れてしまうんです。

日頃勉強している時はこんな事はないのに「なんで本番で?」こんな思いをさせられたのは、きっと会場の持つ雰囲気に呑まれていたんだと思います。

このようなTOEIC本番対策も動画で紹介されていますので、覚えておくと良いと思います。

まとめ

最後にもう一度まとめました。

1.レッスンはPart2⇒Part5から

2.同じレッスンばかりやらない

3.単語は1回数分、1日何回も

4.平日と休日で切り替える

5.本番の雰囲気を知る

「良い英語教材」と「やる気」さらに「英語教材の上手な使い方」を駆使すれば、効率良く、短期間でもTOEICのスコアはアップすると思います。

この記事が英語を身につけて行きたいと考えている社会人の方の参考になれば幸いです。

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!