期限に使われる前置詞はby untilが主に使われます。今回は、この2つの前置詞の役割の一つである「期限」について、紹介します。この2つの単語、日本語にすると、byは「~までに」、untilは「~まで」と同じようになるので、混乱しがちです。ですが、実は使い分けはとても簡単なんです。まずは、それぞれの前置詞の基本的な役割を確認しておきましょう。

by untilの基本

使われ方 使い方 前置詞 覚え方
いつまでに何かをやりたい、やってほしい時 by 提出期限はby
いつからいつまでと伝えたい時 until 営業時間はuntil

少し解説しますね。byとuntilは、どちらも「期限」を伝えたいときに使われるのですが、byは「ここまでに!」とピンポイントの期限を指していますが、untilは「ここまでの間に」と期限と期間が含まれたニュアンスになります。byは「厳しいイメージ」、untilは「やさしいイメージ」ですかね。とは言っても、これだけでは理解しにくいと思いますので使われ方を紹介したいと思います。

byを使う場合

Did you submit the report?
レポートは提出した?

About what?
何のこと?

I think that the due date must be by tomorrow.
提出期限は明日までだったと思うわよ。

I’ve forgotten it. Thank you for your help.
忘れてた。ありがとう助かったよ。

このように、byは宿題やレポートなどの「提出期限」を伝えたい時に使われます。

untilを使う場合

Do you know what time the store is open until?
(あのお店、何時までやってるか知ってる?)

I think that the store is open from 9AM until 9PM.
(午前9時から午後9時までだと思うわよ。)

営業時間のように、開店から閉店までの「期間を含めた期限」を伝えたいときはuntilが使われます。例文でも登場しているようにuntilはfromと合わせて使うことが出来ます。ちなみに、unitlとtillは同じ使い方をすると考えてOKです。tillはuntilの省略形なのにお尻にlが増えてるのが気になるところですが…

ここで、TOEIC対策として注意しておきたいのが、untilは「前置詞」でもあり、「接続詞」でもあることです。基本的に前置詞のあとには「名詞(句)」が続きますが、接続詞は文をつなぐことが出来ます。untilの場合、使い方は前置詞でも接続詞でも同じ目的で使われますので、パート5で前置詞や接続詞を選ぶ品詞問題で、unitlがいたら注意しておきましょう。
接続詞について気になる方はこちら→接続詞一覧

アウトプットも忘れずに

インプットするだけでは、忘れてしまう可能性も高くなるし、いざ「英語を話そう!」とした時になかなかうまくいきません。ですので、インプットしたことを「アウトプットする」ことも忘れないようにしましょう。アウトプットといっても難しくありません。たとえばお店の前を通ったときに、営業時間を英語で考えてみる、周りに人がいなければつぶやいてみる。普段の何気ないことを英語で考えてみようようにしてみましょう。このようにして頭の中だけでも、アウトプットをすると、全然違うので試してみましょう。

独学でも出来るアウトプットの方法はこちら→アウトプットはとても大切
 

ほかの前置詞については、時間や場所など「役割別」で覚えていった方が、簡単に身についていきますので、他の記事でも紹介しています。