リスニングから

リスニングのイメージ写真「よし!TOEIC500点を目指すぞ!」

でも「何から始めればいいの?」とちょっと迷ってしまいませんか?

TOEICの勉強は、リスニングの勉強から始めることをオススメします。

なぜなら、スマホがあれば、いつでも空き時間やすき間時間に勉強が出来ます。

なにより、英語を聞き取れるようになることが、1番時間がかかることだと思うからです。

ですので、これから500点突破を目指し、将来はもっとスコアアップを目指していくためにも、リスニングから始めるようにすることをオススメします。

英語の勉強を継続する秘訣はこちら

↑900点を突破して分かった10個の勉強方法を紹介しています。

発音のルール

まず始めに、とても大切なことをお伝えします。それは、「英語発音のルール」を知ることです。

英語には、日本語にはない発音がたくさんあります。

このことが、英語を聞いた時に、全然聞き取れない理由の一つとなっているからです。

とは言うものの、私自身はこの英語発音のルールを覚えずに勉強を始めてしまいました。

そして、TOEICで伸び悩んだ時に

「なんで聞き取れないのか?」

「なんでスピードについていけないのか?」

と悩んでいました。

そんな時に始めた勉強が「英語の発音のルール」を覚えることだったんです。

たまたま、本屋さんで見つけた本で、英語発音のルールを覚えていったところ、600~700点くらいで伸び悩んでいたのが、一気に800点を突破することが出来ました。

実際に使用したのがこれです。

私がこれを購入したのは2006年ですが、10年以上たった今でも本屋さんで売っているのを目にしました。

個人的な感想ですが、やっぱり本当にいいものは残ってるんだな~と思いました。

私が実際にやってみて感じたことは、発音のルールは「知らなかっただけで、簡単だった!」ということです。

勉強方法は、英語の発音のルールについての解説を読んで、音声を聞いて覚えていく。

あとは、聞き分けられるようになるまで、何回も何回も聞いていく。

そして「実際に自分で発音の練習をする!」

これだけです。

そして、1週間くらいすると、今まで頭の中になかった発音が、頭に入っているので、リスニング力に必要な基礎が出来上がっていきます。

ですので、まず1週間くらいは「発音のルールを知ること!」だけに集中しても良いと思います。

それからTOEICのリスニングの勉強を始めても、全然遅くありません。

むしろ、私の経験上では、発音のルールが頭に入っているのと、いないのでは、これから先の「上達スピードが変わってくる!」と思っています。

ですので、これから「独学で勉強を始めよう!」と考えている方は、最初の1週間は、この英語発音のルールを頭にいれることから始めることをオススメします。

そして、発音のルールが頭に入ってきたら、TOEICの参考書と並行していきましょう!

並行してやっていかないと、せっかく覚えた発音のルールも忘れてしまいますので。

英語の勉強のコツの一つは

「覚える、忘れる、思い出す」

これを繰り返していくことなんです!

そうすることによって、本当の英語力が身についていきますので、頑張っていきましょう!

2000時間必要は本当?

英語学習に関する本を読んでいると、英語が聞き取れるようになるためには2000時間以上必要!という事を良く目にします。だからといって、2000時間リスニングの勉強をしていれば、なんでも完璧に聞き取れるようになる!というわけではないことは、身をもって経験しています。

これは「どこを目指すか?」によって変わってくるからです。

私は900点を突破するまでに5年くらいかかりました。

時間にするとリスニングだけで、余裕で3000時間以上は使っていると思います。

3000時間以上かけた結果、TOEIC900点は突破しました。

しかし、今でも、ネイティブ同士の会話や映画は半分くらいしかわかりません。

もし、ここを目指すのであれば、「英語の勉強には終わりがなんだなー」と感じています。

ですので、目標は人それぞれなので、勉強時間はあまり気にしないで、勉強を始めた方がいいと思います!

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。