TOEICを頑張るイメージ写真

絶対にパート2から

TOEIC500点を突破するには?出来れば効率良く勉強して、なるべく早く突破したい!そのように考えている方は多いのではないでしょうか?

どのパートから勉強を始めればいいのか?絶対に最初に攻略するべきはパート2です。

理由は簡単です。

「問題数が多いので得点源にしやすい」

「3択なので正解する確率もあがる」

「TOEICのテクニックが通用する」

からです。

しかも、本当に、ちょっとしたすきま時間でも勉強することが出来ます。

忙しい会社員、サラリーマンにとっては、まとまった時間を取ることは難しいですよね?

でも、パート2の問題なら、数分あれば、勉強が出来ちゃいますので、効率的にスコアアップをさせたい!すきま時間や空き時間しか勉強できない!このような方にピッタリだと思います。

英語上達のカギは、「継続すること」「英語に触れる回数を増やすこと」ですので、ちょっとした空き時間を見つけたら、英語に触れる!このことを意識して、実践していけば、一歩ずつですが、確実に英語力がついていくと思います。

そして、意味や文法を気にしないで音を聞くようにすることを守ることも大切です。くれぐれも文法を意識して、「文を分解して聞いてしまうクセ」これを、つけないようにしましょう。

勉強方法は?

まずは練習問題をやってみましょう!そして内容を確認する。

これを何回も繰り返す。

これだけです。

ポイントは英単語を覚えるように文を覚えてしまうことです。

さらに、ここでは、「質問と回答のセット」で覚えていくようにしましょう。

そして、聞いた瞬間に意味がわかるこれを目指していきましょう!時間をかけて考えればわかる!状態ではTOEICのスピードについていけなくなってしまいますので。

本番では?

500点を目指す場合、「わかる問題を落とさない」ことが大切です。

TOEICでは、本当にいろいろなパターンが出題されます。それを全部正解しようと思っても、最初の頃は、難しいです。ですので本番では、「わかる問題は正解する」このように考えた方が良いと思います。そのために、一歩ずつでもいいので、着実にわかる問題を増やしていくように勉強を進めていきましょう!

重要なこと

覚えたことは、時が経つと必ずといっていいほど、忘れてしまいます。

特に英語の勉強を始めたころは、いろいろと覚えることがあるので、すぐに忘れてしまいます。

私がそうでした。でも英語は忘れるもの!と、気楽な気持ちでいるようにしましょう!

そして「覚える⇒忘れる⇒思い出す」これを繰り返していきましょう!

そうすれば、英語を聞いた瞬間に意味が分かるようになり、英語を英語で理解できるようになっていきます!

覚えた事は忘れて当たり前!思い出せばいいだけ!このように、気持ちを切り替えましょう!

おすすめの英語教材は?

「スタディサプリイングリッシュ」か「アルクのTOEICシリーズ」のどちらかを選んでおけば間違いないと思います。

コスパの「スタディサプリ」ボリュームの「アルク」といった感じですかね。

どちらも実績があり評判も良く、分かりやすいので安心して使えると思います。

私は900点を取るまでは「アルク」今は「スタディサプリイングリッシュ」を使っています。

どちらも月あたり3000~5000円くらいですが英会話スクールと比べると断然安いですね。

どちらも自分のペースで出来るので忙しい社会人の方に向いていると思います。

おすすめの英語教材のレビューはこちら

参考書派の方

参考書は人それぞれ相性があるので「これだ!」とオススメするのは難しいです。

私と相性が良かったのは、アルクから出版されていたロバート・ヒルキ氏、ヒロ前田氏が出しているTOEIC対策の参考書です。

英語の勉強になるのはもちろんですが、TOEICで結果を出すために知っておくべきTOEICのテクニックが書かれています。

解説もわかりやすかったので、間違えた場合でも「なんで間違えたのか?」が納得できました。

あとは、私の時代にはなかったのですが、アプリから参考書の音声とテキストの両方がダウンロードできることです。

リスニングも出来るし、聞き取れないところがあっても、その場で確認ができるので、ぜひとも活用したいところですね。

アプリを活用すれば、外出中でもスマホだけで、すき間時間に効率良く勉強が出来ちゃいます。

参考書やCDプレーヤーを常に持ち歩いていた、私の時代と比べるととても便利になりましたね。

なにはともあれ、参考書はひとそれぞれ、読みやすさ、わかりやすさに、相性があると思いますので、実際に参考書を手に取って見てみましょう!

そしてあなたが「あ!これいいな~」と思ったもので、勉強をすすめていけば良いと思います。

どの参考書も、TOEIC、英語のプロの人たちに、よーく考えられて作られたものなので、内容は良いものになっていると思います。

大切なのは、それを使って、楽しく英語を勉強していけるか?だと思います。まずは、最初にパート2をしっかり攻略していくと良いと思います。

私が使ってる教材の感想はこちら