私はTOEICの勉強を始めて900点を突破するまで5年くらいかかったので、いろいろな勉強法を試しました。

今になって考えてみると

「やらなければ良かった!」

「オススメできない!」

と思う勉強方法がいくつかありますので紹介します。

スコアアップしない4つの勉強方法

その1 ディクテーション

これは聞き取った英語を書き起こすという勉強方法です。

「正確に聞き取る!」

ことが目的ですが、TOEICでは「正確に聞き取る」ことよりも、話している「内容を理解する」ことの方が大事です。

英語の勉強をを始めたばかりの方にはオススメしません。

机にむかって、ノートを広げ、英語を聞いて、それ書き起こす。

「勉強してるぞ~!」

って感じはするのですが、とにかく時間がかかってしまいます。

休日に、この勉強方法を取り入れていた時期があるのですが、聞いて書いてを繰り返すので、テキストが全然進みませんでした。

TOEICでは「the」や「a」などは聞き逃してしまっても問題はありません。

正確に聞き取る必要がある「通訳」や「英語の先生」を目指している上級者向けの勉強方法だと思っています。

TOEICのリスニングのコツについて書いた記事もありますのでよかったら読んでみて下さい。

その2 単語を書いて覚えること

これは、私が受験生だったころの鉄板の勉強方法でした。

ですので、英語の勉強を始めた頃、毎日のようにやっていたのですが、「書く」って時間がかかるんですよね。

かかる時間のわりに、効果は「スペルを覚えられる」ことなので、これに時間を使うよりは、単語帳を作って何回も何回も復習した方が語彙力がアップしていくと思います。

書いて覚えることに時間を使うなら「単語の意味」「品詞」を書いた、自分流の単語帳を作るのに時間を使った方が良いと思います。

やっぱり単語を覚えるなら

「単語帳が一番!」

と思っています。

単語の覚え方単語帳の作り方について書いた記事もありますので、よかったら読んでみて下さい。

その3 洋画で勉強すること

これは、英語が出来る人からすすめられ、やってみました。

映画を見ながら、「楽しく英語が上達するなら!」と思い試してみたんですが、当時TOEIC700点前後だった私には、全然向いていませんでした。

とにかく「まったく聞き取れない!」

何ていっているか、知りたいので、英語字幕にして、トライししました。

しかし!今度は「読むスピードがまったく追いつかない!」

あっと言う間に心が折れこの勉強方法は向いてないと思いやめてしまいました。

900点を取った今は?

ちなみに900点を突破した「今ならどうかな?」と思い試してみました。

結果は「効果あり」ですね。

俳優の発音を聞くことも出来るし「字幕も追いついていける!」逆に字幕がないと、映画の内容にもよるんですが、半分くらいしか、聞き取れないことがあるので、まだまだ「勉強を続けていかないといけないな!」とモチベーションを保つためにも、良い勉強法だと思います。

その4 聞き流すリスニング

「聞き流すだけ」ではリスニング力はあがりませんでした。

やる気がない時でも英語を聞くようにしていたのですが、何も考えずに聞いていても効果は全くありませんでした。

「単語力」があって「基本文法」を知っていれば「聞き流す」だけでも多少の効果はあると思いますが、TOEICのスコアはアップしないと思いました。

とくに英語を始めたばかりの頃は、聞き流していてはダメだと思います。

「聞き流す」の解釈が難しいですが、やっぱり集中して聞かないとダメですね。

リスニングは

「日本語にしないで聞く」=「音に集中して聞く」

ようにするのが一番効果がありました。

私がリスニングのコツをつかんだ理由について書いた記事もありますので、よかったら読んでみて下さい。

最後に

今回は私の経験上で、やらなかった方が良かった勉強法を紹介しましたが、あくまで個人的な意見なので、参考程度にして下さいね。

自分のレベルとライフスタイルに合った勉強方法を見つけてコツコツと勉強を続けていくことが大切なんだなと思っています。

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。