英語を勉強するイメージ写真

忙しい社会人の方がTOEICで500点を突破するための方法を紹介しています。

私は独学でTOEIC400点から900点を達成することが出来ました。

忙しくてもできる勉強方法ですので、英語を始めてTOEIC500点を目指す社会人の方の参考になれば幸いです。

その1 目標を決め自己分析

まずは「いつまでに」を決めましょう!

最短と言っても、今、TOEICに申し込んでも、すぐに受験出来るわけではないので、まずは「3カ月後に500点以上を突破!」これが現実的な目標かなと思います。

「最短で!」と言っても今の実力がどれくらいなのか?は人それぞれです。

「自分はどれくらい英語がわかるのか?」

これを考えてみましょう。

「中学レベルの英語なら大丈夫!」

という方なら3か月あれば500点突破できる可能性はとても高いです。

「中学の文法もわからん」

このような方でも、やる気さえあれば大丈夫です。

精神論ですが「できる!」と思ってると出来ちゃうんですよね。

まずは「始める事」が大事だと思います。

自己分析と言っても難しく考えないでサラッと終わらせましょうね。

その2 勉強時間は1日1回以上

私は「1日何時間以上やる」ということは決めていませんでした。

1日に何時間と決めてしまうと、それに満足してしまうからです。

私の経験上500点を突破するためには合計200時間以上は必要だと思います。

1日にすると2時間以上ということになりますが「勉強の質」が大事です。

質を高めるためには質の高い教材を選び、教材を信頼するようにしましょう。

最近の教材はとても良く出来ています。

「どうやって勉強をすれば良いのか?」

これは教材に任せて、あなたは英語だけに取り組むようにすると良いと思います。

「勉強時間にこだわらず毎日やる!」

これが私のおすすめです。

その3 1日にやることを決める

「1日に何をやるのか?」

これは「自分のルール」を作った方が良いです。

例えば、

単語は1日に5回以上、3か月間毎日覚続ける。

リスニングは1日1回以上、聞き取れるまで何度も聞く。

リーディングは1日1回以上、簡単な英文を読む。

このようにルーティンのルールを決めましょう。

リスニングに関しては、最初は全然聞き取れなくても、復習を重ねていけば必ず聞き取れるようになります。ですので、最初はリスニングに一番時間をかけて良いと思います。

また、リーディングは回答するだけでなくすらすら読めるようになるまで何度も同じ文を読むようにする。読む力をつけていくにはリスニングの問題を読んで英語を読み慣れておくと良いと思います。

いきなりPart7のような難しい単語が出てくる長文問題はやらなくて大丈夫です。というより「やらない方が良い」なぜなら「異常に時間がかかるから」と思っていますので、挑戦はほどほどにしましょう。

その4 勉強中は集中する

時間が無い中、効率良く英語を身につけるためには集中力が必要です。だらだらと聞き流す、読み流すのではなく集中して英語に取り組むようにします。

TOEIC本番では2時間集中する必要があります。

日頃から集中力が維持できるように鍛えておかないと、本番も持ちませんので集中するクセをつけておきましょう。

その5 本番まで模試は解かない

実力を試したい気持ちはわかりますが本番までは練習問題だけで十分だと思います。

最低限知っておかないといけないのは各パートの出題形式ですが、これはTOEICの勉強を始めればすぐにわかりますので模試で「時間を無駄に使わない」方が私は良いと思います。

また、勉強を始めたばかりなのに、模試を解いて自己採点しても、自信がなくなるだけでモチベーションが下がってしまいます。

「自分の実力がどれくらいか?」は本番まで楽しみにしておきましょう。

その6 週1回休むのはOK

3カ月間、毎日できれば理想的ですが、どうしても疲れてしまいます。週1回は英語から離れても大丈夫です。スポーツと同じで「続けるために休養する」ことも大切です。休む時はしっかり休んで気持ちを入れ替えるようにしましょう!

その7 勉強計画を立てる

これは3カ月間の長期計画です。

計画は余裕を持って最低目標立てます。どんなに忙しくて「もここまでなら出来るだろう!」と思える範囲の計画を立てるようにします。

物事は計画通りに進まないことの方が多いので、無理のある計画は絶対に立てないようにしましょう。

「遅れてもすぐに取り戻せる計画」

これが理想的だと思います。

その8 スコアアップする事をやる

Part2とPart5はTOEICで最もスコアを伸ばしやすいパートです。

ここだけを集中して勉強すれば500点突破に大きく近づきます。最初から難しいPartの勉強をするのは効率的ではありません。

「Par2とPart5を極める!」

この気持ちで始めると1カ月くらいすると

「聞き取れるようになってきたな!」「読めるようになってきたな!」

と英語力がついてきた事が実感できるようになってきます。

ですので、スコアアップにつながり、自信もつく、これら2つのパートを攻略する事を特におすすめします。

その9 良い教材を選ぶ

TOEIC関連の教材はたくさんあります。教材選びに時間を費やすのはNGです。

教材選びは実績があることを基準に選ぶようにします。実績とはその教材を使ってスコアアップした人がたくさんいる教材です。

私も実際に英語力維持のために使ってるスタディサプリがイチオシです。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

その10 文法に深入りしない

英語を英語で理解できるようにならないとTOEICのスピードについていけません。

ですが、最初は日本語に訳しながらじゃないと英文を理解できませんよね。

これはOKですが、注意したいのは

「文法はどうなってんだろう?」

と深入りするのはやめた方が良いと思います。

500点を突破するために必要な最低限の文法は知らないといけませんが、仮定法やら倒置やらに時間を費やしてもスコアは大きく伸びません。文法を気にして英文を分解して考えるクセがついてしまうと、とてもやっかいです。

ですので、最初は練習問題を利用して文法を確認、確認したら深入りはせずに次に行く。このようにした方が効率的だと思います。

その11 行動する

英語をやろうと思ったらすぐに行動に移せるかどうかです。まずはTOEICの申し込みをしてしまいましょう。そうすれば勉強をやらなければ!と自然と意識が変わってきます。

「思い立ったらすぐ行動!」

これが最短でTOEIC500点を突破出来るかどうかの一番大きなポイントだと私は思います。

以上、私の体験をもとに英語初心者の社会人の方が最短でTOEIC500点突破する方法を紹介しました。

この記事が皆様のお役に少しでも立てば光栄です。