Part1のコツ 写真描写問題

写真のタイプを見る!
まずは写真がどのタイプなのか?見るようにしましょう。(写真のタイプは下表を参照)

 

写真のタイプで、注意して見るポイントを変える
下表のように、写真のタイプによって、注意するポイントが違うので、見るポイントを押さえましょう!

 

写真のタイプ ポイント1 ポイント2 ポイント3
人がいる 何人?性別は? 何してる? 場所は?
風景 場所は?(海、山、住宅街など) 人がいるか?どこにいるか? 目立つものはある?
乗り物 乗り物の種類は?(車、バスなど) 動いている?止まってる? 場所は

 

Part1のアドバイス
要は、「何に気をつけて写真をみればいいか?」です。簡単なことなので、慣れれば意識しなくても自然と出来るようになると思いますので、Part1のコツはさっさと覚えるようにしましょう。

 

Part2のコツ 応答問題

単語が重複したら、その選択肢は不正解!
これは消去法の鉄板です!例えば、質問文にMeetingという単語が聞こえた場合、返答にもMeetingが聞こえたら、この選択肢は間違い!ということです。

 

最初の1語を絶対に聞き逃さない!
始めが肝心!特にWhoやWhereなどの5Wで始まる質問文は、最初の1語だけ聞き取れれば、あとは返答に集中する!それだけで正解率が上がります。全部聞き取れなくても、正解できるパターンです。

 

「お誘い」や「お願い」は、OKなら決まり文句、Noならその理由を選ぶ!
「Why don’t we」 や「 How about」 などで始まる「お誘い」や「Could you please」 などで始まる「お願い」の場合、OKなら「Sounds good to me.」 など決まり文句が正解になります。逆にダメな場合は「I’m sorry」などで始まります。かなりパターン化されているので、覚えておきましょう!

 

後半は、YesやNoで始まる返答は選ばない!
これは、かなり思い切った作戦です。内容が聞き取れなかった時に、使うようにしましょう!コツ1と組み合わせれば、消去法だけで正解にたどり着くかもしれませんので、覚えておくようにしましょう!ただし、例外もありますので、ちゃんと聞き取れた時は、自分を信じて回答するようにしましょう。

 

消去法が通用しないときは、悩まずに素直に回答する!
Whyで始まったけど、良くわからなかった!こんなときに、返答にBecauseとかToで始まるものがあれば、それを素直に選択する。

 

ひっかけは意識しない
聞き取れなかったのに、「ひっかけ」を意識するとマイナスです。そもそもTOEICは、英語の本当の実力を測るためのテストなので、「ひっかけ」ではなく、「ちゃんとわかっているか?」を試すために、問題が作られていますので、迷った時はそれが今の実力と思いましょう。

 

Part2のアドバイス
【直前対策にオススメ】選択肢が3つと少なく、コツも通用し、文も短いため、本番直前でも、Part2に集中して勉強すれば、スコアアップの可能性が高くなると思います。本番直前まで頑張って、少しでもスコアをアップさせましょう!

 

Part3のコツ 会話問題

質問文の先読みをする
質問文は、あらかじめ問題用紙に書かれているので、絶対に目を通す!質問文の全部を読むことができれば、あとは聞くことに集中する!

 

先読みしながら聞かない
質問文の先読みが終わらなかった場合、先読みは中止し、聞くことに集中する!両方同時にやると、聞き逃す可能性が高くなるので、気持ちを切り替えましょう!

 

先読み失敗した時の対処1【前半戦で有効】
その問題は聞くことに集中して、わからなければ、あきらめて、次の問題の先読みをする。

 

先読み失敗した時の対処2【後半戦で有効】
残りの問題が少ないときは、先読みすることをやめて、聞くことに専念する!

 

質問文のパターンを覚える!【直前対策】
質問文を読みなれておく質問文は似たようなパターンが多いので、質問のパターンを覚えておくようにしましょう!

 

真のコツ
リスニング力だけではなく、先読み力をつける!これがPart3攻略の本当のコツです。本番直前でも質問文を早く読めるように心掛けて対策していきましょう!

 

Part3のアドバイス
本番直前は質問文を読むスピードを上げる練習をしておきましょう!リスニング力は、すぐには上達しませんが、読むスピードは、直前でも上がっていきます。Part3からは、実力勝負なので、コツが通用しにくくなっていきますが、あきらめずに今の実力を発揮できるように備えましょう!

 

Part4のコツ 説明文問題

正解につながる情報は順番に流れてくる
本文では、質問の順番通りに、正解につながる情報が流れてくることが多いため、質問文の要点と順番を頭に入れておくようにしましょう!

 

最初の質問は始めの10~15秒以内に回答が流れてくる
1問目の正解は、最初の10秒~15秒以内に流れてくるので、過ぎてしまったら、聞き逃した可能性が高いので、次の質問に切り替えましょう!

 

別の言い方は正解確率が高い
例えば、本文では「車」、質問文では「乗り物」といったように、同じものを別の言い方にした選択肢があった場合は、それが正解の可能性が高いので、それを選択するようにしましょう!

 

得意分野を作っておく【直前対策】
天気予報、交通情報、宣伝など、比較的簡単な分野で、自分の得意を作っておきましょう!この分野の問題が出れば、「時間をかけずに正解をあげる」と自信が持てる分野があると、とても効果があります。

 

Part4のアドバイス
Part4は短時間では、なかなか攻略出来ません。今の実力に合わせてですが、「全問正解を狙う」のではなく、「全滅を避ける」もしくは「1問でもいいから正解する」と少し控えめな考え方を持った方がスコアアップにつながっていくと思います。

 

共通のコツ

あせらないこと
気持ちの問題ですが、あせってしまうと実力が発揮できなくなってしまいます。落ち着いて受験するようにしましょう!

 

マークシートを塗るのに時間をかけない
リスニング中は軽くチェックする程度にして、リスニングが終わってからしっかり塗るようにしましょう!

 

マークシートの空欄は絶対に作らない
記入ミスをしてしまう可能性があるので、空欄は絶対にダメです。わからなくても必ずチェックするようにしましょう!

 

わかった問題はコツを利用しない
コツは、聞き取れなかった場合の対策なので、しっかり聞き取れ、回答に自信があるときは、自分を信じてマークしましょう!

 

わからない問題は諦めて次に集中する
「聞き逃した!」「聞き取れなかった!」こんなときは、考えても無駄なので、気持ちを次の問題に切り替えるようにしましょう!

 

まとめ

TOEICのスコアアップはモチベーションのアップにもつながります。これらのコツを活用して、少しでも、できれば大きくスコアアップできるように本番直前まで、頑張っていきましょう!今回紹介した、これらのコツが参考になれば最高です!