「オリンピックも近いし、そろそろ英語の勉強をしておこうかな?」

でも、「今さら英語を始めても、もう遅いんじゃないか?」

このように思っていませんか?

今なら全然、間に合います!

オリンピックで外国人が来日するのに控えて、英語を話せるようになっていれば、

「外国人の友達が出来るかも?」

「売上が伸びるかも?」

「外国人の彼女が出来るかも?」

ちょっと英語を身につけておけば、いろんな可能性がありますよね。

独学!お金はかけない!TOEIC915点ゲット!すきま時間で英語を身につけた私の

「今からでも遅くない英語」

の習得方法を紹介します。

これから、英語を始めようと思っている方の参考になれば幸いです。

英語を身につけたい理由を考える

本題に入る前に、軽く私の英語勉強の歴史を紹介します。

私は英語が全然ダメでした。

でも、ふとしたきっかけで「英語を話せるようになりたい!」このように思ったんです。

TOEICのスコアは400点、英語は好きでも嫌いでもない。

ただ、漠然と「そのうち、話せるようになればいいや!」

このように思っていました。

そのうち、そのうちと思ってる間に、気づけば30才。

「やばい、このままでは一生、英語が話せない!」

ちょっと焦り始めました。でも、なかなか本気になれずに、32才。

「あ~、やばいかも」

そんな時に、テレビに良く出ている塾講師の

「いつやるの?」「今でしょ!」

が流行ったんです。そんな言葉に心が動き、英語を始めるようにしました。

同じように「いつかは!」と思っている方は

今はまさしく、「今でしょ!」のタイミングだと思います。

私は、かなり苦労して英語を身につけました。

海外に住んでた人や、英語が好きな人にはわからない

「英語の難しさ」と「英語の身につけ方」

をわかってるつもりです。(たぶんですが…)

英語を始めよう!と思ってるあなたへ、最初に知っておいた方が良い5つの事を紹介します。

「英語=勉強」と思わない

私はサッカー小僧でした。

「勉強」という言葉を聞くだけで「やる気が無くなる。」こんな感じでした。

でも、こんな私でも英語が出来るようになったのは、

「英語が出来れば給料が上がるかも?}

「英語が出来れば、モテるかも?」

「英語が出来れば、将来、幸せかも?」

こんな動機で英語を始めた事だったんです。

これから迎える「東京オリンピック」のため=勉強ではなく「自分が幸せになるため」と思うようにした方が良いと思います。

難しいのではなく、知らないだけ

「Thank you =ありがとう」は分かりますよね。

「これは簡単!」だからではないんです。このフレーズは何回も何回も聞いた事があるフレーズだから知ってるだけなんです。

英語ではなく、例えばタイ語で「ありがとう」を言える人は少ないですよね?

そう、要は知ってるか?知らないか?だけなんです。

ちなみにタイ語で「ありがとう」は

「コップンカー」「コップンカーップ」

女性と男性で言い方が異なるんです。

これも、私はたまたまタイで仕事をした事があるから、知ってるだけなんです。

ですので、目的に合わせて「言いたい英語だけ」を身につけるつもりで、英語を始めるようにしていきましょう。

無理しない事が大切

無理しないをイメージする写真

こんな感じの無理はしないようにしましょう。

睡眠時間を削ってでも英語をやる

英語漬けの日々を過ごす

無駄にお金を使う

このようにしていると、継続できません。

私も、何度も挫折し、経験してきました。

英語を身につけるために必要なのは

「空いた時間にやる」

「時間は気にしない」

「お金は最低限だけ」

このように取り組まないと、ダメだと思います。

そんなんで「英語が身につくの?」と思うかもしれませんが「無理して続ける」のはでなく「楽しく続ける」これが大切なんです。そのためにさっきも書いたように、

「幸せな自分の将来」

をイメージして英語を始めるようにした方が良いと思います。

必要なことを身につける

普段の生活でも使う日本語は限られていますよね。普段よく使う言葉を英語にする事から始めましょう。

「どうするか?」それはGoogleに翻訳してもらうんです。

英語にさえ出来れば、あとは使うだけです。何回も使ってれば自然と身についてしまいます。

こうして少しずつ「英語で言える事」を増やしていけばいいんです。

良く使うフレーズが100個くらいになれば、あなたが言いたい事はほとんど英語で話せるようになっていますよ。実際に日本語でも良く使う言葉って100個くらいらしいです。

100個なら1日3フレーズ覚えれば1ヵ月くらいですよね。

このように使える英語を身につけたい場合は「言いたい事を英語にする」アウトプットから始めるのが一番早い方法です。

聞き取れないを克服する方法

克服のイメージ写真

聞き取りは、残念ながら少しずつ慣れていくしかありません。

「じゃあどうすればいいのか?」

日常会話に特化した教材を一つだけ購入して、それに集中しましょう。

そして興味のあるフレーズ、覚えたいフレーズを見つけて、聞くようにします。

最初は「さっぱり、わからん」と思うかもしれません。

でも1日に数回聞いていれば、必ず聞き取れるようになっていきます。

これは音楽と同じだと思います。好きなアーティストの曲は何回も聞きますよね?

何回も聞くのでメロディーや歌詞も自然と覚えてしまってます。そしてカラオケで歌う。

好きな音楽と同じことをする。これが英語を最短で身につけていく方法だと思います。

こうすれば、小難しい英文法や使わない英単語を気にせずに英語が続けられると思いますので、挑戦してみてはいかがでしょう。

なぜ英語教材を使う必要があるのか?

それは英語のプロが作ったものは、やはり英語が聞けるように作られているんですよね。

勉強方法はプロに任せて、あなたは自分が身につけたい事に集中した方が効率的だと思います。

また、自分でお金を払うと「せっかく買ったんだからやらなきゃ!」とモチベーションがアップします。

だからと言って、高額な教材である必要は全然ありません。

実績があってお手頃価格の教材を選ぶことが大切です。

私が試してみた英語教材のレビューはこちら

Take Action!行動しよう!

take actionの写真

あとはすぐに始めるかどうかにかかっています。

もし「英語を身につけたい!始めよう!」と思ったら、すぐに何かのアクションを起こしましょう。

だれが言っていたかは忘れてしまいましたが、

「物事は、始めるまでが一番時間がかかる」

私も思わず同感してしまった格言です。

英語が話せる将来の自分をイメージして、始めていけばオリンピックまでには絶対に間に合うと思いますので、Take Action!」してみましょう。