いつかは英語がしゃべれるようになりたい!

TOEICで高得点を取りたい!

あなたも「いつかは!」と思っていませんか?

自分の将来のため

私は学生のころからずっとそう思っていました。

しかし、勉強を始めても長続きしませんでした。

30才を過ぎてふと、

「10年後の自分は今のままでいいんだろうか?」

と考えたました。

「10年後も英語が出来ないのはイヤだ!」

と思い英語の勉強を開始しました。

TOEIC900点を突破した今だからわかる、

本当にやるべき効率的な勉強法を紹介しています。

私は会社勤めをしながら独学で空き時間、すきま時間を活用して勉強してきました。

このブログが「いつかは英語をモノにしたい!」

と考えている方の参考になればと思います。

ちなみに、私が初めてTOEICを受験した時の点数は400点でした。

中学、高校、大学と英語を勉強してきたのに・・・

ずっと独学で勉強をしてきたので900点を突破するまでに5年くらいかかってしまいました。

私が今まで勉強してきてわかった効率的な勉強方法を紹介していきたいと思います。

継続こそが一番大事

でもその前に…とても重要な事があります。それは

「なぜ英語、TOEICの勉強を始めるのか?」

を考えることです。

そして理由が「自分のため」であることです。

だれかのためにではなく自分のために」勉強するようにしましょう。

これから勉強を続けていく上で、モチベーションはとても大切です。

モチベーションを保っていくために、

「英語をマスター、成功している将来の自分!」

を思い描くようにしましょう。

そして、やる気がでない時や点数が伸び悩んでいる時は、この事を思い出して勉強するようにしましょう!

「諦めなければ絶対に出来る!」ようになりますので!

私の場合は、10年後の自分を考え、絶対に英語をモノにしていたいと勉強を始めました。

そして壁に当たった時は

「10年後の自分は今のままでいいのか?」

と考え直し、頑張ってこれました。

私もやる気が出ない時はたくさんありました。

その都度、このことを思い出し

「5分でいいからやるか!」

と気持ちを切り替えました。

そして900点を突破した今では、

「続けること」「あきらめないこと」

これが一番大事なんだと感じています。

私の今までの経験から

「効率良く英語が上達できる勉強方法」

を紹介していきたいとおもいます。

他のページでは、具体的なスケジュールの立て方などを紹介しています。

スケジュールの立て方はこちら

これから「英語を始めよう!」と思っている方の参考になれば最高です!

高得点を取るための勉強法

TOEICで高得点を取るためには、

「すき間時間を活用すること」と「勉強を始める順番」が大切です。

まとまった時間が取れなくても、すき間時間をうまく使うようにしましょう。

そして「TOEICのコツ」も押さえながら勉強を進めていきます。

我々日本人が「英語が難しい」と感じてしまうのは

「リスニングが出来ない」

からだと思っています。

ですが、リスニングの基礎からしっかりと固めていくと、聞き取れるようになってきます。

最初はリスニングに時間を費やすようにしていきましょう。

いきなり「あれも!これも!」と欲張ると

「勉強が続かない原因」

となってしまう可能性があります。

ですので「リスニングに集中する!」という気持ちで頑張っていくようにしましょう!

そのために、まずは「時間を確保」しないといけませんので、すき間時間の作り方も参考にしてみて下さい。

すき間時間の作り方はこちら

リスニングの勉強法

英語の発音には日本語にはない音がたくさんあります。

まずは「日本語に無い発音を知る」ところから始めましょう!

そして次は「音だけに集中して聞く」

意味はあとから確認すれば良いので、意味がわからなくてもOKです。

その後に「何回か聞く」そして「時間を置いて聞く」

このように進めていくと良いと思います。

いきなりTOEICの問題から始めてしまうと

「さっぱりわからない」

「無理なんじゃないか?」

とあきらめてしまう可能性があります。

ですので、簡単な事から始めるようにしていきましょう!

英語発音のルールはこちら

単語の覚え方

リスニングと同じくらい重要なのは「単語力」です。

英単語は「覚えた!」と思っても、時間が経つと忘れてしまうものです。

しかし「印象に残る覚え方」をしておけば、仮に忘れてしまっても「思い出す」ことが出来るようになります。

私が900点を取るまでに使っていた「単語の覚え方」も紹介しています。

英単語は通勤電車や隙間時間を使って、覚えていくのが効率的です。

そして「瞬間で分かる!」これを目指しましょう。

リスニングでは、迷ったり考えてしまったりすると、スピードについていけなくなってしまいますよね。

これは途中で「あれ?何だっけな」

「聞いたことはあるけど、思い出せない。」

このような単語が登場した時に考えてしまうからなんですよね。。

それを克服するためには「単語帳を使う」のが一番です。

使い方は、なるべく高速で

「1秒に1枚くらいのペース」

を目指すのが良いと思います。

また単語帳には

「絵や写真をつけてインパクトを残す」

そうすると、より効果的に単語を覚えていけるようになります。

私が作った「写真入り単語帳」も紹介していますので「ご参考に」と思います。

単語を覚える事はとても大切なのですが

ポイントは「リスニングと並行する」ことです。

時間は「単語よりリスニング」にかけるようにしましょう。

リーディングの勉強法

「リーディングは時間が足りない!」

私も最初は全然足りませんでした。その原因は

「速く読めない=日本語にしている」

からなんですよね。

これを克服していくために、私がオススメする方法は

「リスニングの問題文を読むことから始める」

ことです。「なぜか?」というと理由は2つあります。

一つは「リスニングのスコアアップにつながる」

もう一つは「英語のまま理解できるようになる」

からです。どういう事か?説明しますね。

リスニングのスコアアップに欠かせないこと、それは「設問の先読み」です。

これが出来ないと聞き取れても、正解することが難しくなります。

しかも、TOEIC本番では、先読みのための時間は、少ししかありません。

ですので「設問を速く読める」ようにする必要があります。

このためのトレーニングに最適なのが

「リスニングの設問」なんです。

なぜなら、設問はパターン化しているので、何度も読んでいると慣れてきます。

すると、自然と日本語にしなくても理解できるようになってくるんです。

ですので「リスニングの設問を読みまくる」、言い換えると

「リスニングを極めるつもりで設問を読む」

この事から始めるようにしましょう。

 

次にPart5の勉強を始めましょう。

このパートは最もコツが通用するパートです。

ただし「本当の読む力」をつけるため、勉強の時は全文読むようにしましょう。

Part5はコツだけでも正解できる問題があるので、

正解すると「勉強をしたつもり」になってしまいます。

しかし、これではスコアアップは少しだけなので

「長文問題を攻略するための基礎作り」

と考えて、ここでも

「速く読める=日本語にしない」

これを目指すのが良いと思います。

 

そして、最後に長文問題(Part6、Part7)を攻略します。

ここでは「読むスピードを磨く」「語彙力を高める」ことに力を入れます。

ですので、知らない単語は、必ず単語帳で覚えるようにしていきましょう。

リーディングはリスニングよりも難しい単語が使われいます。

「スコアアップは単語力次第」

になってきますので、日々単語を覚えていくようにすると良いと思います。

 

これまでの、リーディング勉強のステップを簡単にまとめました。

1.リスニングの設問文で基礎を作る

2.パート5で読む力の基礎を固める

3.問題を解くコツを覚える

4.長文問題で語彙力を高める

5.長文問題で読むスピードを磨く

「時間が足りない!」から「5分余ったよ!」を目指しましょう。

話すための勉強法

「TOEICで高得点=英語も話せる」

これが本当の目標だと思います。

ですが、TOEICの勉強は「インプットだけ」なので

「高得点を取っても話せない」

可能性があります。(私がそうでした。)

ですので、最初から「アウトプットを取り入れる」ようにしていきましょう!

独学で日本にいながらでも出来る「アウトプットの方法」も紹介しています。

簡単に出来るアウトプットの方法は是非とも取り入れていくようにしましょう!

 

独学でも出来るアウトプットの方法はこちら

自分に投資する

「投資する」というとお金をイメージしますよね。

投資はお金だけではありません。

自分のために時間を使うことも立派な投資です。

さきほども書いたように

「将来の自分のために」

時間とお金を使うことは、絶対に必要だと思います。

例えば、夏休みや正月休みなどは

何もしないと、あっと言う間に時間は過ぎてしまいますよね。

私も何度もこのような経験があるので、大きな事は言えませんが、

「思い立ったら行動する」

「失敗を恐れない」

「成功した自分をイメージする」

この3つの事を意識するようにしています。

 

最後のアドバイスとして

「英語に投資する」

ことも意識して勉強を始めると良いと思います。

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。