730点のレベル

一般的には次のような英語力があると言われています。

    1. 日常会話が理解できる
    2. 意思疎通が出来る
    3. 特定の分野の話題も理解できる
    4. 会話の流暢さには個人差がある
    5. 文法的には間違いもあるが、問題ないレベル
    6. 一部企業の海外赴任の基準

私は、730点を超えるために、「735点を目標」にしていた時期がありましたが、思いっ切り壁にぶつかりました。ですが、最終的にはこの壁を乗り越えて「915点」を取ることが出来ました。
今、同じように壁にぶつかっている方の参考に少しでも立てばと思ったので、私が実践した勉強方法を紹介させていただきます。

壁を感じ、伸び悩みもがいた時期

私は700点までは意外とすんなり取ることができました。この調子で次は800点と思っていたところ、まさかのスコアダウン650点!毎日勉強していたのに「何で?」と思いました。「勉強のやり方が悪いのか?」と考え、いろいろな勉強方法に手を出してしまいました。
今思うとこれがいけなかったんですね。私は独学で英語を勉強していたので、参考書もいろいろと買って、とにかく「多くの問題を解く」このようなやり方でした。しかし、次のTOEICも735点には届かず…。「あ~独学の限界かな?」とモチベーションも下がってきたので、また新しい参考書を探しのためインターネットを見ることにしました…

自分への投資の大切さ

インターネットの英語教材を見ていると、少し高いけど気になるものを発見しました。値段は約5万円。これまでは書店に売っている「1000~2000円の参考書」で勉強していたのですが、気づいてみると何冊もあり、結構お金を使ったんだと思いました。「今までと同じではダメだ!」と思い、私が気になった「6カ月tで900点突破」という内容の教材を「700点前後で伸び悩んでいるのでいきなり900点の教材に手を出すのはどうなんだろう?」と迷うこともなく、思い切って買い、勉強を始めました。そして6カ月後…

壁を乗り越えた瞬間


「遂にやりました!」まるまる2年以上、私の前に立ちはだかっていた壁を超えることが出来ました。先ほどの教材を購入してからは、勉強はそれしかやりませんでした。というよりは、「内容が難しい」し「ボリュームも多かった」ので、他の教材に手を出す余裕がなかったんですがね。
この間、私が実践したことは

  1. 毎日勉強した(基本は通勤中のすき間時間がメイン)
  2. プログラムに沿って、その通りに勉強をした
  3. とにかく復習に力をいれた

この3つです。
やはり金額だけの価値はあるんですね。英語のプロが考えた教材の凄さを実感させられました。同時に長年、苦しんでいた壁を乗り越えさせてくれて「ありがとう!」と本当に思うことが出来ました。

735点の壁を乗り越えよう!

私の場合は、すこし難しい方がやる気が出たので、勉強を継続することが出来ました。ですが残念ながら、全員がこの教材を買えば「突破出来るか?」というと「分からない」というのが本音です。

伸び悩んでいるのであれば、参考書の「レベルを1ランク上げてみる」ということも選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?
あきらめずに、自分に合った教材で毎日勉強を続けていけば、必ず突破出来ると思います。(ちなみにこの時に購入した教材はアルクの教材でした。)この時の詳しい勉強方法については別の記事で紹介をしていますので、良かったらそちらもご覧ください。

800点レベルを狙う勉強法