伸び悩んだ時に試してみた5つのこと

「スコアがなかなか上がっていかない!」

私も700点くらいの時に、かなり伸び悩みました。

伸び悩んでいた時に試して

「効果があったな!」

と思った方法を5つ紹介します。

参考書のレベルを上げてみる

当時の私は、とにかく問題を多く解くことが

「スコアアップに一番!」

と思っていて、いろいろな問題集に手を出していました。

しかし、700点前後で停滞していて、どうしても800点に届きませんでした。

自分の勉強方法に疑問を感じ始め、

どうせなら「900点を目指そう!」と思い、

900点を目指すカリキュラムが組まれたものを購入しました。

金額はすこし高かった(5万円くらい)です。

少し迷いましたが、将来のために

「今やっておこう!」

と決断し勉強を再開しました。

すると半年後、800点を突破することが出来ました。

自分への投資って必要なんだなと実感した瞬間でした。

もし伸び悩みの期間が長いのであれば思い切って

「1ランク上の教材」

を試してみても良いと思います。

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。

リスニングを基礎からやり直し~英語発音の基礎~

私は、リスニングが苦手でした。

自分自身で気づいていたのですが、どうしてもスピードについていけずに、途中で分からなくなってしまう。

聞き取れないから、スコアも上がっていかない。

「どうすればいいいんだろう?」

と悩んでいました。

そんな時に偶然、本屋さんで見つけた本でリスニングを基礎からやり直してみました。

すると、音を意識して聞けるようになり聞き取れているような気がしてきました。

これだけでスコアが上がったとは思いませんが

「英語の聞き方がわかる」

ようになったのは大きかったです。

そして自分でも「リスニングが上達したな!」

と実感できるようになっていきました。

こんなことなら、最初からやっておけばよかったと思ったほどです。

スポーツも勉強も、やっぱり「基礎が大事」なんですね!

同じように「リスニングが苦手!」という人は

一度、試してみる価値があると思います。

英語発音の基礎についてはこちら

速聴~スピードを上げて聞く~

リスニングでスピードについていけないことが多かったので、試しに1.5~2倍のスピードで聞いてみました。

そうすると普通のスピードが遅く感じるようになり、今まではついていけなかったスピードについていけるようになりました。

アプリをダウンロードすれば簡単に

「スピードを変えて聞くことが出来る!」

ので、試してみましょう!

語彙力の強化~英単語は思い出すもの~

英単語がなかなか覚えられないので、ちょっと意識を変えてみました。

今までは覚えても、すぐに忘れてしまうので、

「なんで覚えられないんだろう?」

と落ち込んでいたのですが、

「忘れるものだから、思い出せばいい!」

と考え方を変えて単語を覚えるようにしました。

そのためにはやっぱり単語帳が一番です。

なぜなら、いつでもどこでも、本当に「少しの時間」があればいいからです。

そして、すき間時間には単語帳で「英単語を思い出す」ようにしていきました。

やっぱり単語力はとても大事なんですよね。

しかも、ただ単に覚えるだけでなく

「単語を見た瞬間、聞いた瞬間にわかる!」

これを目指さないとリスニング、リーディングのどちらもスピードについていけなくなってしまいます。

そして、意味だけでなく品詞も一緒に単語帳に書いて、忘れたころに確認をしていくようにしました。

その結果

語彙力がすごいことに!これはうれしかったです。

ほぼ毎日、単語帳で思い出すことを続けた結果だと思っています。

個人的には、一度に大量の単語を覚えようとするよりも、地道にコツコツと積み重ねていくほうが結果につながると思っています。

伸び悩みは、次のステップに向けての

基礎作りの時間」

と考えて、勉強を継続していくようにしましょう!

単語の覚え方の参考はこちら

アウトプットを取り入れる

それまではインプットばかりだったのですが、簡単なアウトプットを取り入れるようにしました。

それは本文を「相手がいるつもりで話す」ことです。

音読やシャドーイングと同じようですが、相手がいるつもりで、相手に内容を伝えるようなつもりで発声するようにしました。

そうしたところ、2つ効果がありました。

一つは「読むスピードが上がった」こと

もう一つは「以前より聞き取れるようになった」ことです。

自分なりに分析してみると、テキストを読みながら発音したので読む力が鍛えられ、同時に自分で発音した音は、自分の耳にも入ってきたので耳が鍛えられていたんだと思います。

独学で勉強をしているとインプットに偏りがちだったのが、相手がいるつもりで発音するだけのアウトプットでもとても効果があったと思います。

モチベーションの維持

伸び悩んでいる時にはどうしてもやる気がなくなっていってしまいます。

頑張っているのにスコアが上がっていかないので、モチベーションを維持するのが難しくなってきた時には、英語の勉強を始めたきっかけを思い出すようにしてきました。

私の場合は「将来の自分のため」だったので

「10年後に英語が出来ないままでいいのか?」

と自分に問いかけるようにしました。

今は伸び悩んでいるけど、これを抜け出せば

「英語が出来るようになる」

と思いながら勉強を続けるようにしました。

900点を突破した今だからわかるのですが、伸び悩みは英語の地力をつける期間だったんだと思っています。

毎日勉強を継続していけば必ずスコアもついてくると思います。

伸び悩みで苦労されている方もあきらめずに。

「将来の自分のため」に「勉強を継続」

していくと良いと思います。

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。