どれくらい話せるか?

TOEIC900点だったら、「話せて当然でしょ!」というのが、みんなが思うことだと思います。しかし、独学で勉強してきた私にとっては「英語を話す事」と「TOEIC900点」は、まるで別物でした。ぜなら「英語を使った事」「しゃべった事」がほとんど無かったからです。周りから「しゃべれるんでしょ?」って聞かれても、残念ながら「知識はあるけどしゃべれません!」って答えていました。せっかく900点を取ったのにあまりしゃべれないのはもったいないと思い、900点をとった後は「しゃべれるようになりたい!」という思いがとても強くなり「話すための勉強」に力を注ぐようにしました。
今まで「インプット」してきたことを「アウトプット」するだけの話なのですが、周りに外国人がいるわけではないので、アウトプットする相手がいません。日本に住み、会社で働きながら英語がしゃべれるようになるには、やっぱり「英会話スクールに行かなとダメなのか?」でも、お金もかかるし、スクールに行く時間もないし…ひとまず英会話の教材ってどんなのがあるか、調べてみました。結構あるんですね。今まで私が購入してきた教材の中ではかなり高かったですが、思い切って購入してみました。そして毎日、今まで通りその教材を集中して勉強をするようにしていきました。そして、今では…しゃべれるの?って聞かれたら答えは「Yes」です。ネイティブのようにはしゃべれませんが…ってつけ加えますけどね。話せるようになるためには、「アウトプットが必要」なんだなと実感しました。

独学で出来るアウトプットの方法はこちら→アウトプットはとても大切

メールの読み書きは?

メールの読み書きは全く問題ありません。ほとんど日本語で読むのと近い感覚で読み書きが出来るようになりました。今では、毎日送られてくる英語のメールの対応をしているので慣れてしまったためだと思いますが、日本語から英語へするのに時間がかからなくなったので仕事で「英語がとても役に立っている」と実感しています。

会社では?~本社へ転勤~

私の会社は外資系だったため、社員に対して英語教育を取り入れていたので、会社で開催するTOEICを受験していました。地方の営業だった私ですが、900点はさすがに会社の目に留まった?ようです。その後、本社へ転勤、海外とやりとりが必要な部署に配属されました。そして「英語でのメール」でのやり取りや「海外との電話会議」、また、海外から「外国人が来日する際の対応」をしたりなど英語を必要とする機会が自然と増えてきました。これまで勉強してきた事を、実践の場で、本当にアウトプットする機会が増えたため、話す力が劇的に向上しました。自分でも「なんか普通に英語しゃべってるよ!」って感覚でした。

英語でプレゼンは出来る?

はい!これは得意です。仕事で何回もやっているおかげで「プレゼン資料の作成」から「英語でのプレゼン」「質疑応答」までほとんど出来るようになりました。プレゼンの準備中に「話す内容」や「質問される内容の予想」など、あらかじめ英語で準備しておけるのでこれは「自信を持って出来る」と言えるようになりました。

映画(洋画)はわかる?

やっぱりネイティブが使う英語はTOEICとは少し違うんですかね。映画の種類によって違いますが、今でも洋画は半分くらいしかわかりません。英語字幕付きで8割くらいです。海外出張の際、海外の航空会社で見れる映画はほとんど日本語字幕がないので、海外出張に行くたびに実力試しで英語字幕なしで見るんですが、字幕がないときついです。映画が完璧にわかるようになるには、やっぱり毎日ネイティブの英語を聞いていないと、このレベルには到達できないと思っています。そのかわり海外のホテルで見るニュースやCMは、TOEICでもたびたび登場する内容なので、ほとんど理解することが出来たのは、自分でも驚きました。

TOEICの勉強で英語が話せるようになる?

TOEICの勉強は、「英語を使うための基礎作り」と考えてきた自分の考えは間違っていなかったんだなと実感することが出来ました。さらに、TOEIC900点のリスニング力、語彙力は本当に役に立つことを実感しました。個人的な考えですが、時間をかけてでも、じっくりと勉強をしていき、最終的には「英語を使えるようになる」ために「TOEICの勉強をする」ということではないかなと思っています。せっかくTOEICで高得点を取ったのに、あまりしゃべれないのってもったいないですよね?継続して勉強をしていけば、「必ずしゃべれるようになる」んだって事を信じて頑張っていきましょう。将来の「なりたい自分になる」ためにTOEICの勉強をすることは「とても役に立つ」と思います。

アドバイス

TOEIC900点を取るまでいろいろな勉強法を試してきました。その中で、今からやっておいた方が良いのは「アウトプットを取り入れる」ことです。TOEICの勉強だけではどうしても「インプットばかり」になってしまい、私のように「高得点だけどあまり話せない」ってことになってしまいます。ですので日常生活に英語を取り入れていきアウトプットすることをオススメします。実力試しに「英語の動画」を見たり、何気なくやっていることを英語で言ってみたりと「英語で考える」だけでアウトプットになります。私の周りでTOEICの点は高くないのに話せる人っているんですよね。こういう人は普段から話すことが好きな人が多いんですが、話を聞いてみると毎日Youtubeなどで海外の動画を見ていたり、英語で日記をつけていたりと自然とアウトプットを取り入れている人が多いので、とても参考になりました。「TOEICで高得点」をとって「英語も話せる」ようになるために、少しずつで良いのアウトプットを取り入れていきましょう!