TOEICに出る英単語の覚え方と単語帳を紹介しています。

今回は就職に関する単語「recruit」「apply」「qualify」です。

この3つの単語をセットで覚える例文も最後に紹介しています。

recruit 募る

読み方は「リクルート」です。

会社名でも使われているので馴染みがある単語ですね。

recruitの覚え方

有名な会社「リクルート」を利用します。

「リクルートは新人を募る会社」

このように覚えると良いと思います。

そしてCMなどを目にした時に

「recruit=募る」

を思い出すようにしましょう。

recruitの単語帳

「recruit」には名詞で「新人」という意味もあります。

これも一緒に書いておきましょう。

 recruit
動詞 募る

名詞 新人 新入社員

recruitmentの覚え方

ついでに名詞の語尾「ment」がついた

「recruitment(採用)」

も覚えてしまいましょう。

読み方「リクルートメント」です。

メントから面接を連想して

「面接して採用になった」

と覚えておくと良いと思います。

recruitmentの単語帳

「recruit」と混乱しないように2つ一緒に書きましょう。

順番は「recruit→recruitment」の順で書いておきましょう。

recruit  recruitment

募る 採用

募る→面接(ment)→採用

apply 申し込む

読み方は「アプライ」です。

身近な言葉のスマホの「アプリ」を利用しましょう。

applyの覚え方

スマホにアプリをダウンロードする時に

「アプリのダウンロードを申し込む」

とイメージしましょう。

普段使わないとすぐに忘れてしまうので

アプリをダウンロードする時に

「apply=申し込む」

を思い出すようにしましょう

applyの単語帳

申し込むをイメージしやすい写真を入れておくと覚えやすいと思います。

apply
動詞 申し込む 塗る

関連 application(申込 応募)

applicationの覚え方と単語帳

「apply」は動詞なので名詞の語尾「‐tion」がつくと名詞になります。

TOEICでは「塗布」という意味で使われることがあるので、メモしておきましょう。

application

名詞 申込 応募 塗布

名詞の語尾「tion」がついた

applicantの覚え方と単語帳

人を表す語尾「ant」がつくと「applicant=応募者」となります。

applicant

名詞 応募者 志願者

人を表す語尾「ant」がついた

 

qualify 適してる

読み方は「クアリファイ」です。

「適しているので資格がある」というニュアンスで使われる単語です。

qualifyの覚え方

スペルが似ていて馴染みのある単語

「quality=品質」を利用します。

そして、ちょっと上から目線ですが

「このクオリティーは私に適している」

と連想して

「このクオリティーは私にクワリファイしている」

と覚えておくと良いと思います。

qualifyの単語帳

覚え方を思い出せる写真があるとベターですね。

qualify
動詞 適している 適させる

覚え方
スペルが似ている「quality」を利用
「このクオリティーは私にクワリファイ」
心でとつぶやく

qualificationの覚え方と単語帳

qualifyは動詞なので名詞の語尾「tion」がついた

「qualification=適正、資格」

も一緒に覚えちゃいましょう。

qualification
名詞 適正 資格

覚え方
名詞の語尾「tion」がついた

 

3つの単語を使った例文

単語を覚えたらアウトプットすることが大事です。
ここで紹介した3つの単語を使って例文を作ってみましょう!

<シチュエーション>

仕事を探してる時にABC会社が募集しています。

募集要項に適しているので申し込むことにしました。

<例文>

I apply to ABC company.

Because they recruit a new employee.

I think I qualify the  requirements.

最初は英文が思いつかないかもしれませんが

間違っていても問題ありません。

大切なのは「自分で考える」なんですよね。

間違いは気にせずに、英文を作ってみましょう。

毎日すこしでも英単語を覚えてTOEICに必要な単語力をつけていきましょう。

イメージして覚えたら、思い出す回数を増やすことが大切です。

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。