TOEICに出る単語の「覚え方」と「単語帳の作り方」を紹介しています。

覚えにくい単語は、単語に合わせた覚え方で対応しましょう。

今回は「locate」「workplace」「site」を紹介します。

locate 置く 構える

読み方はカタカナだと「ロウケイト」です。

会社や建物の「位置を示す」ために良く使われる単語です。

「locate」の覚え方

読み方を利用した語呂で覚えてみましょう。

まずは、このような状況をイメージしましょう。

今日はクリスマスイブです。そして、幼い子供に

「サンタが来るかも?」とこう言いました。

「頑張ろう、毛糸の靴下、ここに置く」

⇒頑張ロウ、ケイトの靴下、ここに置く

「ロウケイト=置く」

このように想像力と語呂で覚えてはいかがでしょうか。

「locate」の単語帳

「設立する」「構える」と訳されますが

「建物を置く」と覚えておけば、イメージしやすいと思います。

関連の「relocate=移転する」もメモしておきました。

locate
動詞 置く 構える 設立する

関連 relocate 移転する

relocateの覚え方と単語帳

読み方は「リロウケイト」です。

「locate」に関連する「relocate」は

「re=再び」という意味があるので

「再び、建物を置く⇒移転する」

⇒「relocate=移転する」

とスペルに注目して覚えておくと良いと思います。

写真は築地から移転した豊洲市場です。

relocate

動詞 移転する

覚え方 スペルに注目

再び置く⇒移転する

workplace 職場

読み方は「ワークプレイス」です。

「ワークプレイス」は、工場や工事現場など働いている場所を表す単語です。

「オフィス」は「自分の机があるところ」とイメージしておくと良いと思います。

「workplace」の覚え方

スペルを「work」と「place」に分けると覚えやすいです。

「work=働く」「place=場所」なので

「work+place=働く場所」

⇒「workplace=職場」

このように覚えると良いと思います。

「workplace」の単語帳

「職場」や「仕事場」と訳されます。

workplace
名詞 職場 仕事場

≒office 自分の机がある職場

 site 場所 敷地

読み方は「サイト」です。

インターネットの「ウェブサイト」という意味でも使われています。

「site」の覚え方

普段から「ウェブサイト」と使われているので、覚えやすい単語です。

ウェブサイトは「インターネット上の場所」

だから「サイト=場所、敷地」

と普段使っている言葉と結びつけて覚えておくと良いと思います。

「site」の単語帳

建設現場を「construction site」と言いますので、メモしておきました。

あとは、単語帳を使って頭に入れていきましょう。

site
名詞 場所 敷地 ウェブサイト

construction site 建設現場 工事現場

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。