TOEICに出る単語の「覚え方」と「単語帳の作り方」を紹介しています。

単に暗記するのではなく「イメージして覚える」と忘れにくくなりますので、この方法で英単語を覚えていきましょう。

今回はTOEICでもよく目にする「impress」「express」「expertise」を紹介します。

impress 印象を与える

読み方は「インプレス」です。

良い印象を与えるというニュアンスがあります。

「impress」の覚え方

インプレスを2つに分けてみましょう。

「イン(中に)+プレス(押す)」

そして、このように連想しましょう。

「心の中に押される」

「impress=印象を与える」

と覚えると良いと思います。

「impress」の単語帳

単語帳にイメージしやすい絵や写真を入れておくと、さらに覚えやすくなりますね。

impress
動詞 印象を与える

覚え方 

心の中に押される→印象を与える

impressiveの単語帳と覚え方

形容詞の語尾がついた「impressive」も覚えておきましょう。

読み方は「インプレッシブ」です。

impressive
名詞 印象的な

形容詞の語尾「ive」がついた

impression

ついでに名詞の「impression」もいっておきましょう。

名詞の語尾「-ion」がついて名詞になります。

impression

名詞 印象 感銘

名詞の語尾「ion」がついた

express 表現する

読み方は「エクスプレス」です。

「言葉に出して」というニュアンスが含まれています。

「express」の覚え方

最初の「ex」には「外へ」という意味があります。

そこで「impress」の時と同じように

「言葉を外へ押し出す」→「表現する」

「express=表現する」

と覚えると良いと思います。

「express」の単語帳

「express」は「表現する」だけではありません。

「急行電車」「運送便」

という全く違う意味でも使われます。

こういう時は写真を入れてイメージでも覚えておきましょう。

express
動詞 表現する

形容詞 明示された

覚え方 言葉を外へ押し出す

express
名詞 急行電車 運送便

成田エクスプレスなどに使われている

expertise 専門知識

読み方は「エクスパティーズ」です。

専門家のことを「エクスパート(expert)」と呼ぶ事がありますね。

馴染みのあることから、新しい単語を覚えていきましょう。

「expertise」の覚え方

まずは呪文を唱えましょう。

「エクスパティーズ、専門知識」×5

これで今は覚えたと思います。

これだけだとすぐに忘れてしまうので

「エクスパート」と一緒に単語帳を作って

単語帳で覚えていくと良いと思います。

「expertise」の単語帳

知識は頭の中にあるので、あとに続く前置詞は「in」になります。

expertise

expert

不可算名詞 専門知識・ノウハウ

前置詞はinが続く

名詞 専門家

3つの単語を使った例文

単語を覚えたらアウトプットすることが大事です。
ここで紹介した3つの単語を使って例文を作ってみましょう!

<シチュエーション>

エクスパートくんの専門知識に

感銘を受けたので、奥さんに感動を表現した。

<例文>

I expressed my impression to my wife.

Because I was impressed to his expertise.

最初は英文が思いつかないかもしれませんが

間違っていても問題ありません。

大切なのは「自分で考える」なんですよね。

間違いは気にせずに、英文を作ってみましょう。

1日3つでも日常生活に取り入れて「思い出す回数」を増やしましょう。

そうすると自然と単語力がついていきますので他の単語の覚え方も参考にしてみて下さい。

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。