TOEICに出る単語の「覚え方」と「単語帳の作り方」を紹介しています。

覚えにくい単語は、単語に合わせた覚え方で対応しましょう。

今回は「freight」「shipment」「tariff」を紹介します。

単語を一つ覚えると関連する「名詞」や「形容詞」なども覚えやすくなりますよ。

freight 貨物運送 運賃

読み方はカタカナだと「フレイト」です。

「船や列車で送られる物」

という意味が含まれます。

「freight」の覚え方

読み方を利用した語呂で覚えます。

貨物に声援を送る人をイメージしながら

「フレー!フレー!と、送られる貨物」

「フレーと」を「フレイト」にして

「フレー!フレイト、送られる貨物」

ここから

⇒「フレイト(freight)=貨物運送」

と簡単な語呂で覚えると良いと思います。

「freight」の単語帳

「freight」は陸上運送ではあまり使われません。

「安いけど遅い」というニュアンスがあります。

freight
不可算名詞 運送貨物 運賃

頻出 freight charge 運送料

shipment 出荷 発送

読み方は「シップメント」です。

「freight」と同じような意味ですが、「shipment」は陸上で輸送する時にも使われます。

「shipment」の覚え方

「shipment」を「ship+ment」に分解します。

「ship」には「送る」という意味があります。

「ment」は名詞の語尾なので

「送る事=出荷、発送」とイメージして

⇒「シップメント(shipment)=出荷 発送」

と覚えると良いと思います。

スペルに含まれる「ship=送る」も一緒に覚えてしまいましょう。

「shipment」の単語帳

TOEIC対策で「shipment date=発送日」もメモしておきました。

shipment
不可算名詞 出荷 発送

頻出 shipment date 発送日

 tariff 関税 関税表

読み方は「タリフ」です。

あまり聞いたことが無い単語ですね。

「tariff」の覚え方

初めての単語は復唱します。

「タリフ、関税、関税表」×5

そして、イメージと語呂でも覚えましょう。

高級食材のトリフは高い!とイメージしながら

「このトリフ、関税かかって、この値段」

とぼやきました。

ここで、トリフをタリフに置き換えて

「このタリフ、関税かかって、この値段」

⇒「タリフ(tariff)=関税」

このように俳句風の語呂で覚えてはどうでしょうか。

「tariff」の単語帳

「tariff on」=「~に対する関税」もメモして、TOEICに備えましょう。

写真は関税について話し合いがされている「TPP」にしてみました。

TPP=Trans Pacific Partnership agreementの略です。

tariff
名詞 関税 関税表

TOEIC対策 tariff on=~に対する関税

 

「TOEICのスコアを上げたい!」

と思ってる方は、こちらの記事もご参考に。

私が900点にたどり着いた勉強方法を紹介しています。

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。