単語に合わせていろいろな覚え方を実践してきました。

「一番良い単語の覚え方は?」

単語に合わせていろいろな覚え方を実践してきたので、私が900点を取るまでに実践してきた覚え方を紹介します。

呪文を唱える

覚える度  ☆☆
忘れない度 ☆
使える度  ☆☆☆

見たことも聞いたこともない単語は、どうにもなりません。

そこで呪文のように5回唱えます。

例えば「enthusiasm=熱意」

読み方は「エンスージアスム」です。

これを5回くらい呪文を唱えると

短時間ですが覚えられます。

すぐに忘れてしまうのが欠点ですので

単語帳に作るようにしましょう。

語呂で覚える

覚える度  ☆☆☆
忘れない度 ☆☆☆
使える度  ☆☆

発音やイメージで語呂を作って覚える方法です。

例えば「lick=なめる」という単語の場合

「lick(リック)、 ペロペロ」

と連想できるので覚えやすいです。

うまく語呂が作れれば「覚えやすい」のですが

全ての単語にうまく「語呂合わせが出来ない」のが欠点です。

語源で覚える

覚える度  ☆☆☆☆
忘れない度 ☆☆☆
使える度  ☆☆

英単語は使われている語源を知ってると

イメージで覚えることが出来ます。

例えば「ex」で始まる単語は「外へ」という意味が含まれます。

「export 輸出する」

⇒製品などを外へ出すので輸出する

「express  表現する」

⇒言いたいことを外へ出すので表現する

など語源を利用して覚えておくと忘れにくくなります。

欠点はうまくかみ合わない単語があることです。

単語帳で覚える

覚える度  ☆☆☆
忘れない度 ☆☆☆
使える度  ☆☆☆☆☆

単語帳は使えますね。

一度覚えたと思っても数日すれば、見事に忘れています。

単語帳は「思い出すため」に使うものにしましょう。

ですので、自分でちょっと工夫して作っていくのが良いと思います。

作るのが少し面倒なのが欠点ですが、効果はすごくありますので

絶対に作った方いいです。

使って覚える

覚える度  ☆☆☆☆☆
忘れない度 ☆☆☆☆
使える度  ☆☆☆


インプットしたことはアウトプットすると記憶に残ります。

普段の生活に取り入れることが出来れば、効果的な方法ですね。

難点はアウトプットする機会が少ないことです。

これは自分でルールを作っておけば、日本にいながら独学でも出来ることなので

アウトプットを取り入れて覚える方法を身につけておきましょう。

アウトプットするルールを作る

覚えたことをアウトプットするためルールを作りましょう。

例えば、覚えた単語が

「commute=通勤する」

だった場合、毎朝、電車に乗る時に

「I commute by train」

と簡単な英文で思い出すようにしましょう。

これを毎日続ければ、すぐに身に着くと思います。

覚えた単語を「日常生活に取り入れる!」ことがポイントです。

単語帳+アウトプット

この2つを組み合わせるのが一番です。

5つの方法をうまく活用して覚えていきましょう。

TOEICの単語は一度に覚えようとしてもなかなか難しいです。

1日すこしづつでも、確実に覚えておきましょう。

それぞれの単語の覚え方と単語帳についてはこちらでも紹介しています。

覚えるためのコツ

コツ1 忘れるもの!

「覚えたことは忘れるもの」という事です。

忘れてしまうことは、仕方のないことなのだと思います。

本当に大切なのは「思い出すこと!」です。

もし、一度覚えたものをすぐに忘れてしまっても、気にしないようにしましょう。

くれぐれも「自分は英語に向いてないんでは?」

と自分を責めないようにしましょう!

英単語を覚える方法は、

「覚える、忘れる、思い出す」

をとにかく繰り返すことです。

このことを知っていれば、すぐに忘れてしまっても気にならなくなると思います。

コツ2 少し時間を空ける

「覚えたかな?」と思ったら少し時間をあけて単語帳を見るようにしましょう。時間を空けることによって、忘れやすい単語が確認できます。

ここで忘れていても「思い出せばいいだけ」なので、さらっと確認しましょう。

毎日単語帳を見ていると、順番で覚えてしまうこともあります。

ですので、単語帳もシャッフルして順番を変えて使うようにしましょう。

コツ3 瞬間に理解!を目指す

「単語を見た瞬間に意味がわかるようになる」これが本当に英単語を覚えた状態だと思います。

この状態になると

「英語を英語のまま理解出来る」

ことが出来るようになっていきます。

よく参考書に、

「英語は日本語に訳さずに英語のまま理解しましょう!」

みたいなことが書かれていますよね。

私は「それってどうすればいいの?」

とずっと思ってました。

でも、これまでずっと英語を勉強してきてようやくわかりました。

それは「一瞬で意味がわかる状態にならないといけない」ってことだったんです。

このことは英単語だけではなく、リスニングやリーディングなど、英語全般にかかわることですのでよーく覚えておくようにしましょう。

TOEICで高得点を取るためには、単語力は絶対に必要になります。

見た瞬間に意味が分かる、聞いた瞬間に意味がわかるこれを目指して、楽しく勉強を継続していきましょう。

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。