TOEICに出る単語の「覚え方」と「単語帳の作り方」を紹介しています。

覚えにくい単語は、単語に合わせた覚え方で対応しましょう。

今回は「fabricate」「fabric」「confidential」を紹介します。

fabricate 作る

読み方はカタカナだと「ファブリケイト」です。

「作り話をする」「組み立てて製造する」という意味で使われます。

「fabricate」の覚え方

まずはイメージ作りをします。

ファブくんという、文系の大学生がいます。

4月1日に、大学は「何系?」と聞かれ、

「ファブ、理系!」と作り話をしました。

ここで「理系と」をカタカナにして、

「ファブリケイト、作り話をする」

⇒「fabricate=作り話をする」

まずは「作り話をする」を覚えます。

そして、数年後、ファブくんは就職しました。

工場で「部品の組み立て」をして、働いています。

こんな感じで「ファブくん物語」で覚えてみてはどうでしょうか。

「fabricate」の単語帳

TOEICでは「単語の言い換え」も良く出題されます。

「manufacture=部品を組み立てる」

もメモして、単語帳で覚えていきましょう。

fabricate
動詞 作り話をする

   組み立てて製造する

=manufacture

言い換え対策の単語帳

同じ意味の単語は、1枚にまとめて

「英語で英単語を覚える」

ようにすると、直感で理解できるようになってきます。

fabricate/manufacture

部品を組み立てて製造する

fabric 構造 生地

読み方は「ファブリック」です。

「fabricate=作る」に関連する単語です。

形容詞のような形をしていますが、名詞ですので注意しましょう。

「fabric」の覚え方

「fabricate=作る」を利用して、語呂で覚えましょう。

構造博士の「ファブリック」さんをイメージして

「ファブリック、生地の構造、作り出す」

⇒「fabric=生地、構造」

このような、俳句風の語呂にすると、覚えやすいと思います。

「fabric」の単語帳

「fabric」は名詞で使われます。

「生地⇒cloth」「構造⇒framework」

と言い換えができるので、単語帳にメモしておきました。

頻出フレーズの「the fabric of ~の構造」

も単語帳で覚えていきましょう。

fabric
名詞 生地 織物 布 =cloth

構造 組織  =framework

頻出 the fabric of  ~の構造

 confidential 秘密の

読み方は「カンフィデンシャル」です。

ビジネスでも「社外秘」といった意味で使われている単語ですね。

ただ、ほとんどの人が「コンフィデンシャル」

と言っているので、発音注意です。

「confidential」の覚え方

これは「合言葉」のような語呂を作って

復唱して覚えると良いと思います。

「秘密の書類は?コンフィデンシャル」

「秘密と信頼、コンフィデンス」

と関連の「confidence=秘密、信頼」

とセットにして覚えていきましょう。

「confidential」の単語帳

「秘密にする」をイメージできる写真と

一緒に覚えると頭に残りやすいです。

confidential
形容詞 秘密の 信用のおける

関連 confidence 信頼 秘密

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。