TOEICに出る単語の「覚え方」と「単語帳の作り方」を紹介しています。

覚えにくい単語は、単語に合わせた覚え方で対応しましょう。

今回は「expand」「assure」「conclude」を紹介します。

単語を一つ覚えると関連する「名詞」や「形容詞」なども覚えやすくなりますよ。

expand 拡大する

読み方は「エクスパンド」です。

「広げる、大きくする」とイメージすると覚えやすいと思います。

「expand」の覚え方

スペルの「ex」には「外へ」という意味があります。

このことを押さえて、語呂で覚えましょう。

「外へパン!、エクスパンドは、拡大する」

ここから

⇒「エクスパンド(expand)=拡大する」

と俳句のように読んで覚えると良いと思います。

私の経験上、俳句のリズムは記憶に残りやすいので、オススメの覚え方です。

「expand」の単語帳

同義語の「extend」「enlarge」

対義語の「contract=縮める」も単語帳でチェックしていきましょう。

expand
動詞 拡大する 広げる

≒「extend」「 enlarge」

⇔「contract=縮める」

「expansion」覚え方と単語帳

読み方は「イクスパンジョン」です。

語尾が「sion」になり名詞になりました。

expansion
不可算名詞 拡大 拡張

「expand」の語尾が「sion」で名詞

assure 保証する 断言する

読み方は「アシュアー」です。

「自信を持って」というニュアンスが含まれます。

「assure」の覚え方

イメージを作って語呂で覚えましょう

子供が宿題をやる約束をする。このイメージで

「明日やると、保証します!と、断言する」

「明日やる」⇒「アシュヤル」と変換して

「アシュヤルと、保証します!と、断言する」

ここから

⇒「アシュアー(assure)=保証する」

と俳句のように詠んで覚えると良いと思います。

「assure」の単語帳

同義語の「ensure」もメモしておきました。

単語の言い換えはTOEIC対策になります。

assure
動詞 保証する 断言する

=ensure

「assurance」覚え方と単語帳

読み方は「アシュアランス」です。

「assure」の名詞なので、ついでに覚えてしまいましょう。

assurance
名詞 保証 確証

不可算名詞 自信 確信

 conclude 終わりにする

読み方は「カンクルード」です。

「finish=終わる」と同じような意味です。

「conclude」の覚え方

イメージと語呂で覚えましょう。

図工で「缶にひもを巻く授業」をイメージして、

「缶にクルっと、巻き終える」

すこしアレンジを加えて

「カンにクルード、巻き終える」

⇒「カンクルード(conclude)=終わりにする」

このように覚えてはどうでしょう。

「conclude」の単語帳

「結論を下す」「条約を結ぶ」とも訳されます。

「終わらせる」と結びつけて覚えると良いです。

conclude
動詞 終わりにする(≒finish)

   結論を下す(≒infer)

   条約を結ぶ

「conclusion」の覚え方と単語帳

語尾が「sion」になり名詞になった

「conclusion」も単語帳で覚えていきましょう。

conclusion
名詞 結論 終わり

 

「TOEICのスコアを上げたい!」

と思ってる方は、こちらの記事もご参考に。

私が900点にたどり着いた勉強方法を紹介しています。

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。