TOEICに出る単語の「覚え方」と「単語帳の作り方」を紹介しています。

単に暗記するのではなく、語呂やストーリーを作って

「イメージして覚える」

と覚えやすく忘れにくくなります。

今回は「establish」「merge」「multinational」を紹介します。

establish 設立する

読み方は「イスタブリッシュ」です。

学校や会社など

「長い間、継続させるために設立する」

というニュアンスがあります。

「establish」の覚え方

聞いたことも見たことも無い単語は、なかなか頭に入ってきてくれません。

そこで「思い出す回数を増やす」ようにしましょう。

まずは、自分の会社や学校が

「何年に設立されたか?」を調べてみましょう。

そして、例えば2000年であれば、

「established in 2000.」

となります。

このように「自分に関わること」と結びつけて、会社や学校に行くたびに

これを思い出して覚えていくと良いと思います。

「establish」の単語帳

TOEIC対策で同じ意味の「found」も書いておきましょう。

establish
動詞 設立する 確立する

=found


establishmentの覚え方と単語帳

一緒に「establishment」も覚えておきましょう。

語尾が「ment」になり名詞として使われます。

読み方は「イスタブリッシュメント」です。

下の写真は姫路城、1346年に創立されたようです。

establishment
不可算名詞 設立 創立

「establish」に「ment」がついて名詞

merge 合併する

読み方は「マージ」です。

企業の買収の事を「M&A」というのを聞いたことがある方も多いと思います。

このMは「mergers」ですが、これは「merge」が名詞になった単語です。

「merge」の覚え方

イメージと読み方「マージ」を使った語呂で覚えましょう。

まずは「ライバル会社と合併する予定の会社」を想像します。

そして、ある社員がこう言いました。

「えー!マジ!合併するの?」

ここから

「えー!マージ、合併するの?」

⇒「merge=合併する」

このように覚えてはいかがでしょうか。

「merge」の単語帳

「M&A」のMの語源「merger=合併」もメモしておきましょう。

merge
動詞 合併する

merger 名詞 合併

覚えようとしないで覚える方法

「単語を覚えよう!」

と気合を入れてもなかなか頭に入ってこない。

こんな経験ありますよね?でも

「知らない間に覚えてた!」

もし、こんな方法があれば、ぜひ知りたいですね。

実は覚えようとしないでも、覚えてることってあるんですよね。

例えば「twitter(ツイッター)」。

この単語、今では知らない人の方が少ないんではないでしょうか?

「なぜ自然に覚えたか?」

それは「よく見る、使う」からです。

このように頻繁に「見る、使う」ようにすれば、

覚えようとしなくても、自然に覚えてしまうんですよね。

この方法のように単語を覚えていくには

「自分で頻繁に見る、使うようにする!」

これをやれば、いいだけなんですよね。

それには、やっぱり単語帳が良いんです。

ですので、これからは

「単語帳を見ることを習慣にする」

これを意識してみましょう。

スマホを1日に何回も見るのと同じように、

「単語帳に目を通すこと」

を試してみましょう。

きっと、単語力が自然と上がっていくと思います。

 multinational 多国籍の

読み方は「マルチナショナル」です。

「multinational」の覚え方

スペルを「multi+national」に分けてみます。

「multi=多くの」「national=国の」

という意味があるので、これを組み合わせ

「multinational=多国籍の」

と覚えると良いと思います。

「multinational」の単語帳

TOEIC対策として、品詞もチェックしておきましょう。

形容詞と名詞で使われます。

multinational
形容詞 多国籍の

名詞  多国籍企業

3つの単語で作るストーリー

今回の3つの単語で簡単なストーリーを作りました。

「覚えた事を使うこと」も効果があります。

<ストーリー>

会社を設立し、買収を繰り返し、多国籍企業となりました。

これを単語を覚えるために

会社を「イスタブリッシュ」し、

「マージ」を繰り返し、

「マルチナショナル」になりました。

と英単語に変換した文で覚えても良いと思います。

あくまで、単語を覚えるための例文なので、人前で英単語の乱用は控えましょうね。

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。