TOEICに出る単語の「覚え方」と「単語帳の作り方」を紹介しています。

覚えにくい単語は、単語に合わせた覚え方で対応しましょう。

今回は「efficient」「remittance」「shift」を紹介します。

efficient 効率的な

読み方はカタカナだと「イフィシエント」です。

まずは「効率的な=無駄がない」とイメージしておくと良いと思います。

「efficient」の覚え方

読み方を利用した語呂で覚えてみましょう。

まずは、このような状況をイメージしましょう。

昔の悪代官が、村人の支援で潤っています。

そしてこう言いました。

「イっヒッヒ、支援と仕事、効率良く」

これを少しアレンジして

ッフィフィシエンと仕事、効率良く

⇒「イフィシエント=効率的な」

と想像力で覚えてみてはどうでしょう。

「efficient」の単語帳

「有能な」とも訳されますが

「無駄のない人=有能な人」とすれば、イメージしやすいと思います。

efficient
形容詞 効率的な 有能な

⇔inefficient (効率の悪い 無能な)

efficiencyの覚え方と単語帳

語尾が「cy」になり名詞になりました。

読み方は「イフィシエンシ」です。

不可算名詞なので、注意しましょう。

efficiency

不可算名詞 効率 能率

efficientの語尾が「sion」になって名詞

remittance 送金

読み方は「リミタンス」です。

「remittance」の覚え方

聞いたことも、見たこともない単語は

まずは呪文のように暗唱します。

「リミタンス、送金」×5

これで、今は覚えたと思いますが

すぐに忘れてしまうと思います。

語呂でも覚えておきましょう。

「リミタンス、たんすを使って、送金だ」

意味は???ですが、リズムで覚えてしまいましょう。

「remittance」の単語帳

「remittance」は名詞です。

「送金」は不可算名詞、「送金額」は可算名詞となるのでメモしておきました。

動詞の「remit=送金する」も押さえておきましょう。

remittance
不可算名詞 送金

可算名詞 送金額

remit 動詞 送金する

プチ情報 リズムネタ?は覚えやすい

お笑いにも「リズムネタ」がありますよね。

少し前に流行った「ラッスンゴレライ」

これ何の意味もない言葉ですが、

「今でも、覚えているよ」

という人は多いのですよね。

このような単純なリズムに乗せると

「覚えやすい」「頭に残る」

だったら英単語も、この方法を使った方が良いですよね。

ただ、自分でリズムに乗せるネタを作るのは、

なかなか難しいんですよね。

そこで、なるべく多くのネタ?を紹介しますので

英単語も

「リズムに乗せて、数をこなす」

これを試してみましょう。

この方法は私も実践していたのですが、

これで覚えた単語は、今でもパッと浮かぶんですよね。

 shift 移し変える

読み方は「シフト」です。

「バイトのシフト」など日本でも使われていますね。

「move=動く」+「change=変える」

「shift=移し変える」

とイメージすると良いと思います。

「shift」の覚え方

動詞では「移し変える」

名詞では「変化」「交代」「勤務時間」

と混乱しそうです。

こういう単語はうまく訳そうとしないで、

動詞の「移す」をイメージして覚えると良いと思います。

「変化=場所や位置を移し変える事」

「交代=働く人を移し変える事」

「勤務時間=時間で他に移る事」

あとは単語帳を繰り返し使って、覚えていくと良いと思います。

「shift」の単語帳

イメージで覚えるため、動詞と名詞の2枚作ってみました。

「move+change」は写真のような感じですかね。

shift
動詞 移し変える

   移す 変える 

イメージ 「move+change」

「shift」の単語帳

名詞バージョンも作ってみました。

直感で分かるようになるために、あえて日本語付きです。

shift
名詞 変化 交代 勤務時間

イメージ 「move+change」

3つの単語で作るストーリー

今回の3つの単語で簡単なストーリーを作りました。

「覚えた事を使うこと」も効果があります。

いきなり全文を英語にするのはハードルが高いと思うので、単語だけ変換してみましょう。

<シチュエーション>

母は息子に書留で送金しようとしました。

しかし効率的な方法があったので

考え方を変えました。

<覚えるための例文>

これを単語を覚えるために

母は息子に書留で

「リミタンス(remittance)」

しようとしました。しかし、もっと

「イフィシエント(efficient)」

な方法があったので、考えを

「シフト(shift)」

しました。

単語を覚えるため、自分流にアレンジして

「使うことも」取り入れると良いと思います。

もし出来るなら、全文英語にする挑戦もしてみましょう。

英文にすると、こんな感じですかね。

The mother will make a remittance to her son with a registered mail.

But she found a more efficient way.

She shifted her mind to the others.

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。