TOEICに出る単語の「覚え方」と「単語帳の作り方」を紹介しています。

覚えにくい単語は、単語に合わせた覚え方で対応しましょう。

今回は「distribute」「supply」「demand」を紹介します。

単語を一つ覚えると関連する「名詞」や「形容詞」なども覚えやすくなりますよ。

distribute 分配する

読み方は「ディストリビュート」です。

最初に「配る」とイメージしておくと良いと思います。

「distribute」の覚え方

イメージを作って、シンプルな語呂で覚えましょう。

「チームで参加したクイズで見事賞金を獲得」

このような状況で、リーダーがこう言いました。

「この取り分、ビューっとみんなに分配する」

ここで「この」⇒ディス(this)、他も変換し

「ディストリビュート、みんなに分配する」

ここから

⇒「ディストリビュート=分配する」

と俳句のように読んで覚えると良いと思います。

私の経験上ですが、俳句のリズムは記憶に残りやすいので、オススメの覚え方です。

「distribute」の単語帳

「distribute」は「give out」に言い換えできます。

TOEIC対策でメモして、単語帳で覚えていきましょう。

distribute
動詞 分配する 配る 供給する

=give out

「distributor」覚え方と単語帳

読み方は「ディストリビューター」です。

日本でも「卸売業者」をこのように呼んでいますね。

「仕入れて、配る人」だから「卸売業者」と覚えておくと良いと思います。

distributor
名詞 配る人 卸売業者

関連 distribution 配布

supply 供給する

読み方は「サプライ」です。

経済用語でビジネスでも使われる

「需要と供給」=「supply and demand」

に使われている単語です。

「supply」の覚え方

「supply」には「ニーズに応える」というニュアンスがあります。

この事を利用した語呂で覚えましょう。

「サプライは、ニーズに合わせて、供給する」

⇒「サプライ(supply)=供給する」

俳句のように詠んで覚えると良いと思います。

「supply」の単語帳

動詞、名詞、形容詞として使われます。

同義語の「provide」もメモしておきました。

品詞チェックはTOEIC対策になりますので、忘れないようにしましょうね。

supply
動詞 供給する(=provide)

名詞 供給

形容詞 供給の

「supplier」覚え方と単語帳

読み方は「サプライヤー」です。

語尾が人を表す「er」になったので

「supplier=供給する人」

と考えると覚えやすいと思います。

supplier
名詞 供給する人 供給者

oil supplier 石油産出国

 demand 要求する

読み方は「ディマンド」です。

「要求する」は強い印象がありますね。

これは「demand」≒「need+want」

だから、強くなったとイメージしておきましょう。

「demand」の覚え方

「demand」=「need+want」

のイメージを使って、語呂で覚えます。

「ディマンドは、needとwantで、要求する」

英語を日本語にして

「ディマンドは、必要欲しいと、要求する」

ここから

⇒「ディマンド(demand)=要求する」

このように覚えてはどうでしょうか。

TOEICでは、日本語にする必要はありませんので、

「聞いて、読んで理解する」

そのために「覚えやすい日本語で覚える」

この方が、語彙力は付いていくと思いますよ。

「demand」の単語帳

写真でイメージすることも、単語を覚えるコツの一つです。

demand
動詞 要求する

可算名詞 要求

不可算名詞 需要

補足 demandのイディオム

「demand」のイディオムも確認しておきましょう。

「前置詞+名詞」のパターンですね。

in demand 需要のある

on demand 要求に応じて

 

「TOEICのスコアを上げたい!」

と思ってる方は、こちらの記事もご参考に。

私が900点にたどり着いた勉強方法を紹介しています。

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。