TOEICに出る英単語の覚え方と単語帳を紹介しています。

今回は「delegate」「architect」「spouse」です。

あまり聞き慣れない単語ばかりですが、

この3つの単語をセットで覚える例文も最後に紹介しています。

delegate 代表者

読み方は「デリゲット」です。

任命されたり、選出された人に使う単語です。

delegateの覚え方

「代表者、デリさんをゲット」

「代表者=デリゲット」

と発音を利用してとイメージで覚えると良いと思います。

delegateの単語帳

「覚え方」をイメージ出来るよう写真を入れておくと良いと思います。

同じ意味の「representative」もメモしておきましょう。

 delegate
名詞 代表者 代表

覚え方

代表者、デリさんをゲット

=representative

delegationの覚え方

ついでに「delegation(代表団)」も覚えてしまいましょう。

読み方「デリゲイション」です。

語尾が「tion」に変化して代表団になった

delegationの単語帳

「delegate」と混乱しないように2つ一緒に書きましょう。

順番を忘れないように何度も単語帳を見るようにしておきましょう。

delegate  delegation

代表  代表団

代表が集合して代表団になった

 

architect 建築家

読み方は「アーケテクト」です。

職業に関する単語は自分が関わってると覚えやすいのですが、そうでないと覚えにくいです。

ですが、そこを何とかしてみましょう。

architectの覚え方

スペルからarch(アーチ)とtect(テクノロジー)を連想します。

そして「アーチ状の橋を作る技術のある人」

→「建築家」と覚えると良いと思います。

普段使わないとすぐに忘れてしまうので

アーチ状の物を見るたびに「architect」を思い出すようにしましょう。

architectの単語帳

 

architect
名詞 建築家

関連 architecture 建築

architectureの覚え方と単語帳

「architect」と混乱しないように単語帳に一緒に書いて覚ても良いと思います。

忘れないように「人→物」とメモしておきましょう。

architect architecture

建築家   建築 建築物 

「人→物」の順で書いたことを覚えておく。

 

spouse 配偶者

読み方は「スパウス」です。

夫は「husband」妻は「wife」ですね。

「spouse」は夫、妻の両方の意味がありますので

社長が社員の奥さん、旦那さんもパーティーに誘う時などに使える単語です。

spouseの覚え方

配偶者がスパゲティーを作ってくれたことをイメージして

「配偶者のスパ(味が)ウス!」

と発音の語呂とイメージで覚えると良いと思います。

spouseの単語帳

イメージしやすい写真も一緒にするとベターですね。

spouse
名詞 配偶者

覚え方

配偶者のスパ(味が)ウス!

実際に奥さんや旦那さんが作ってくれたものは美味しく食べましょう。

 

3つの単語を使った例文

単語を覚えたらアウトプットすることが大事です。
ここで紹介した3つの単語を使って例文を作ってみましょう!

<シチュエーション>

「友達の配偶者は建築家で、日本を代表する人」

<例文>

The spouse of my friend is a architect.

And he is the delegate of Japan.

自分で考えて例文を作るようにすると効果がありますので、他の単語を覚えるときに挑戦してみましょう。

毎日すこしでも英単語を覚えてTOEICに必要な単語力をつけていきましょう。

イメージして覚えたら、思い出す回数を増やすことが大切です。

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。