TOEICに出る単語の「覚え方」と「単語帳の作り方」を紹介しています。

単に暗記するのではなく、語呂やストーリーを作って

「イメージして覚える」

と覚えやすく忘れにくくなります。

今回は「corporate」「enterprise」「subsidiary」を紹介します。

corporate 企業の

読み方は「コーパレット」です。

「corporate」の覚え方

イメージを沸かせて語呂を作ります。

まずは、化粧品パレット会社の社長、

IKKOさんという人をイメージします。

そして、こう言いました。

「このパレット、企業の宝~」

そこから、ちょっとアレンジして

「コーパレット、企業の宝~」

⇒「corporate=企業の」

このように覚えてはどうでしょうか。

「corporate」の単語帳

覚え方に結びつく写真があると覚えやすくなると思います。

スペルが似ている「cooperate=協力する」と間違わないように、メモしておくと良いと思います。

corporate
形容詞 企業の

混乱注意 cooperate=協力する

corporationの覚え方と単語帳

「corporate」を覚えたら、一緒に「corporation=企業」も覚えてしまいましょう。

読み方は「コーパレーション」です。

語尾が「tion」になると名詞で使われます。

corporation
名詞 企業 法人

   有限会社 株式会社

=company

enterprise 事業

読み方は「エンタープライズ」です。

「会社でやること」というニュアンスです。

「新規プロジェクト」に近いニュアンスですかね。

「会社」と訳されることがありますが、

「corporateの方が大企業」

というニュアンスがあります。

「enterprise」の覚え方

聞いたことの無い単語は、まずは呪文を唱えましょう。

「エンタープライズ、事業」×5

これで今は覚えたと思います。

でも、これだけではすぐに忘れてしまうので、想像力で語呂を作って覚えましょう。

状況は、これから期待されている事業を開始する所です。

あとはパソコンを押すだけという所をイメージします。

そして、一人がこう言いました。

「この事業エンター押したら、サプライズな売上だ」

⇒「事業=エンタープライズ」

これは、すこし強引ですね。

どうしても覚えられない時の参考にして下さい。

「enterprise」の単語帳

TOEIC対策で、SME(small and medium-sized enterprise)もメモしておきましょう。

enterprise
名詞 事業 企画 企業 会社

TOEIC対策 SME 中小企業

small and medium-sized enterprise

「SME」の単語帳

TOEIC対策の「SME」の単語帳も作っておいても良いと思います。

SME
中小企業

=small and medium sized enterprise

company、corporation、enterpriseの違いは?

上の「会社3兄弟!」の違いですが、TOEICではこの違いは出題されないと思います。

ですので、細かい事は気にせずに、ざっくりと違いを確認しておけば大丈夫です。

company 最も良く使う

corporation 大企業に良く使う

enterprise 中小企業に良く使う

ネイティブではないので、「聞いてわかる」「読んでわかる」ようにしておけば良いと思います。

subsidiary 補助の

読み方は「サブシディアリー」です。

名詞で「子会社」という意味もあります。

「subsidiary」の覚え方

形容詞の「補助する」と名詞の「子会社」を、語呂で一緒に覚えましょう。

まずは「子会社は他の町にある」とイメージします。

子会社をサブ、町をシティーに置き換えて

「サブは他のシティーにある」

すこし訛って(なまって)

サブは他のシディーにアリー

⇒「サブシディアリー=子会社」

とイメージをつなげて覚えてみましょう。

あと「子会社」は「subsidiary company」とも言われます。

そこで「子会社は補助するもの」とイメージして、あとは単語帳で覚えていきましょう。

「subsidiary」の単語帳

「補助する」という意味から、「助成金の」という意味もあるのでメモしておきましょう。

subsidiary
形容詞 補助の 助成金の

名詞 子会社(subsidiary company)

 

subsidyの覚え方と単語帳

subsidiaryに「助成金の」という意味があることを覚えたら、ついでに「助成金=subsidy」の単語帳も作って覚えちゃいましょう。

スペルが似ているので混乱しないように、メモしておくと良いと思います。

subsidy
名詞 助成金

混乱注意 subsidiaryは「助成金の」

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。