TOEICに出る単語の「覚え方」と「単語帳の作り方」を紹介しています。

単に暗記するのではなく、語呂やストーリーを作って

「イメージして覚える」

と覚えやすく忘れにくくなります。

今回は「convince」「confidence」「dispatch」を紹介します。

convince 納得させる

読み方は「コンヴィンス」です。

「本当だよ!」と強く説得する意味があります。

「convince」の覚え方

読み方を利用してイメージで語呂を作ってみましょう。

あなたは、サッカー選手の「コンヴィン」がお気に入りです。

その凄さを友達にこう言いました。

⇒「コンヴィンゴイの納得させるよ。」

ここから

「コンヴィンス=納得させる」

と覚えてはどうでしょう?

「convince」の単語帳

覚え方と関連した写真を付けておくと覚えやすいです。

品詞のチェックもしておきましょう。

convince
動詞 納得させる 確信させる

覚え方 イメージ+語呂

「コンビン、スゲーと納得させる」

convictionの覚え方と単語帳

語尾が「tion」になると名詞として使えます。

conviction
不可算名詞 確信 説得力

「convince」の語尾が「tion」になると名詞

confidence 自信 信用 信頼

読み方は「カンフィデンス」です。

「うまくいく!」というニュアンスが含まれます。

「confidence」の覚え方

まずは呪文を唱えましょう。

「カンフィデンス、自信 信頼」×5

これで今は覚えたと思います。

これだけだとすぐに忘れてしまうので、普段の生活の取り入れて覚えていきましょう。

今やっている単語を覚えることに結びつけて

「単語は自信を持って覚える」

「単語はコンフィデンスを持って覚える」

このようにして、単語を覚える時に

「confidence=自信」

を思い出すようにすると良いと思います。

「confidence」の単語帳

「confidence」は不可算名詞です。

品詞もメモしておきましょう。

confidence
不可算名詞 自信 信用 信頼

覚え方

単語はコンフィデンスを持って覚えよう!

confidentの覚え方と単語帳

形容詞の「confident」も覚えておきましょう。

スペルが似ているので、まぎらわしいですね。

混乱しないように、単語帳に品詞を書いておきましょう。

confident
形容詞 確信して 自信のある

混乱注意 confidenceは名詞

dispatch 派遣する

読み方は「ディスパッチ」です。

特定の目的で「人や物を送る」という意味の単語です。

「dispatch」の覚え方

読み方を使って俳句風のリズムで覚えましょう。

「ディスパッチ、ぱっぱっぱっと、派遣する」

「ディスパッチ=派遣する」

リズムに乗せると、なぜか頭に入ってきやすいんですよね。

「dispatch」の単語帳

動詞と名詞として使われます。

dispatch
動詞 派遣する 急送する

不可算名詞 派遣 急送

俳句風のリズムで覚える

覚え方のいろいろ

単語は一回ではなかなか覚えられません。

このような方法を使って最初は覚えましょう。

  • 呪文を唱える
  • 語呂で覚える
  • 語源で覚える
  • ストーリーで覚える
  • 単語帳で覚える

そして、一番大事なのは

「覚えたことは忘れる!」ので

「思い出す!」

これを繰り返すようにしましょう。

これが単語を覚えるコツです。

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。