TOEICに出る単語の「覚え方」と「単語帳の作り方」を紹介しています。

覚えにくい単語は、単語に合わせた覚え方で対応しましょう。

今回は「consist」「partition」「stationery」を紹介します。

consist 構成される

読み方はカタカナだと「カンシスト」です。

「いくつかの物から1つに成る」というニュアンスがあります。

「consist」の覚え方

「構成される」という意味を利用します。

「consist」は「con+sist」で構成されてるので

これ読み方も利用して

「カンシスト、カンとシストで、構成される」

⇒「カンシスト=構成される」

これを俳句のようにリズムに乗せて

覚えていくと良いと思います。

「consist」の単語帳

「構成される」のほかに「成る」と訳されます。

「いくつかの物が一つに成る」とイメージしておくと良いですね。

TOEIC対策で「consist of ~」もメモしておきました。

consist
動詞 構成される 成る

頻出 consist of ~から構成される

partition 仕切る 仕切り

読み方は「パーティション」です。

日本では仕切りのことを「パーテーション」

と呼んでいるので「発音注意!」の単語ですね。

「partition」の覚え方

まずは、このような状況を想像してみます。

みんなでパティ―の準備中。

会場は仕事場なので、仕切りをする事にしました。

そこで、社長がこのように言いました。

「パーティーしよう、仕切りしよう!」

ここで少しアレンジして

「パティ―シヨン、仕切りしよう!」

⇒「パーティション=仕切る、仕切り」

このように覚えてみてはどうでしょうか

「partition」の単語帳

品詞、要チェックの単語です。

動詞と名詞で使われます。

頻出の「partition of=~の分割」も書いておきました。

partition
動詞 仕切る 分割する

名詞 仕切り 仕切る事

頻出 partition of (~の分割)

 stationery 文房具

読み方は「ステーショナリー」です。

ペンや便せんなど「文房具全般」を表す単語です。

「stationery」の覚え方

読み方が「ステーション=駅」に似ていますね。

「ステーション=駅」は、ほとんどの人が知ってると思うので、これを利用してみます。

まずは、友達と文房具の話をしている所を想像します。

そして、友達がこう言いました。

「その文房具どこで買ったの?」

ここで、私は俳句のようにこう言いました。

「文房具、どこで買ったの?、駅でなり」

「駅⇒ステーション」を速攻で変換して

「文房具、どこで買ったの!ステーショナリー」

⇒「文房具=ステーショナリー」

と結びつけて覚えてはどうでしょうか。

「stationery」の単語帳

あとは単語帳を使って「瞬間で分かる」ようにしていきましょう。

stationery
不可算名詞 文房具

覚え方 俳句風の語呂

「文房具、どこで買ったの?駅でなり」

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。