TOEICに出る単語の「覚え方」と「単語帳の作り方」を紹介しています。

単に暗記するのではなく「イメージして覚える」と忘れにくくなります。

今回は職業や能力の「candidate」「profile」「devote」を紹介します。

この3つの単語をセットで覚える例文も最後に紹介しています。

candidate 志願者

読み方は「キャンディデット」です。

選挙などに立候補する人を指す単語です。

「candidate」の覚え方

キャンディーちゃんが学級委員に立候補しようか迷っているところをイメージします。

そして

「キャンディー、えい!っと立候補する」

「キャンディデット=立候補する」

と覚えると良いと思います。

「candidate」の単語帳

先ほどの覚え方と関連した写真を付けるとさらに覚えやすくなりますね。

candidate
名詞 志願者 立候補者

キャンディー、えい!っと立候補する

 

profile プロフィール

読み方は「プロファイル」です。

人だけでなく会社や場所にも使われる単語です。

「profile」の覚え方

「プロフィール」は馴染みのある単語ですので、そのままでOKです。

発音に注意して覚えるようにしましょう。

「profile」の単語帳

「profile」は他に「評判」という意味もあります。

profile
名詞 プロフィール 評判

発音に注意!=「プロファイル」

 

devote 捧げる 専念する

読み方は「ディボート」です。

努力するというニュアンスの単語です。

「devote」の覚え方

読み方を利用して語呂を作ります。

ディは「day(日)」に似ているので

「日々、ぼーっとしないで専念する」

「ディボート=専念する」

と覚えると良いと思います。

この手の単語はすぐに忘れてしまうと思います。

単語帳を使って「思い出す回数を増やす」ようにして覚えていきましょう。

「devote」の単語帳

「devote」は動詞です。品詞のチェックも忘れずにしましょう。

devote
動詞 捧げる 専念する

devotion=名詞 献身 熱心

devoted=形容詞 献身的な

関連単語は別の単語帳にして覚えても良いと思います。

devotionの覚え方と単語帳

名詞の語尾「ion」がついて名詞になります。

読み方は「ディボーション」です。

devotion
不可算名詞 献身 熱心

「devote」に名詞の語尾「-ion」がついた

devotedの覚え方と単語帳

形容詞の語尾「ed」がつくと形容詞として使えます。

読み方は「ディボーティッド」です。

devoted
形容詞 献身的な 熱心な

形容詞の語尾「-ed」がついた

devoteとdedicateの微妙な違い

「devote」と同じ意味を持つ単語に「dedicate」があります。

ついでにもう一枚単語帳を作っておきましょう。

「devote」の方が「すごい」というニュアンスが強いのです。

devote dedicate
捧げる

devoteの方がすごい!

3つの単語を使った例文

単語を覚えたらアウトプットすることが大事です。
ここで紹介した3つの単語を使って例文を作ってみましょう!

<シチュエーション>

キャンディーちゃんは学級委員に立候補して

プロフィールを書くのに時間を捧げている。

<例文>

Candy devotes to writing a profile.

Because she is a candidate of class officer.

最初は英文が思いつかないかもしれませんが

間違っていても問題ありません。

大切なのは「自分で考える」なんですよね。

間違いは気にせずに、英文を作ってみましょう。

単語は忘れるものなので「思い出す回数」を増やしましょう。

これが単語を覚えるコツです。

単語帳とイメージで語彙力をつけてTOEIC対策をしていきましょう。

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。