TOEICに出る単語の「覚え方」と「単語帳の作り方」を紹介しています。

覚えにくい単語は、単語に合わせた覚え方で対応しましょう。

今回は「brochure」「invoice」「bulletin」を紹介します。

単語を一つ覚えると関連する「名詞」や「形容詞」なども覚えやすくなりますよ。

brochure パンフレット

読み方は「ブロウシュア」です。

冊子になってる「パンフレット」という意味です。

「brochure」の覚え方

語呂で覚えましょう。

まずは、イメージを作ります。

友人のブロウとパンフレットを一緒に見ています。

このような状況を想像して

「パンフレット、ブロウと一緒に、ブロウとシェア

「シェア(share)」は「共有する」です。

すこしアレンジを加えて

「パンフレット、ブロウと一緒に、ブロウシュア」

ここから

「ブロウシュア(brochure)=パンフレット」

とイメージと語呂で覚えてはどうでしょうか。

「brochure」の単語帳

同義語の「pamphlet」や「flyer」も押さえておきましょう。

単語の言い換えはTOEIC対策になります。

brochure
名詞 パンフレット 小冊子

≒pamphlet, flyer

「brochure」「pamphlet」「flyer」の違い

これらの違いは、このような感じです。

「brochure」冊子になったもの。1番使われる。

「pamphlet」小さめの冊子になったもの

「flyer」新聞広告のようなペラ広告

ワンポイントアドバイス TOEIC対策

品詞の基本を押さえておきましょう。

形容詞 後に名詞が続く

前置詞 後は名詞か動名詞

接続詞 後に文が続く

副詞  文末にくる事が多い

invoice 送り状

読み方は「インボイス」です。

日本でも耳にするようになった単語ですね。

「invoice」の覚え方

まずはスペルを分解してみましょう。

「invoice=in(中に) +voice(声)」

「インボイス=声が中にある」

となります。ここで

「送ったと知らせるもの」=「送り状」

と結びつけ、語呂で覚えましょう。

「インボイス、声が入った、送り状」

⇒「インボイス(invoice)=送り状」

と俳句のようなリズムにすると覚えやすいです。

「invoice」の単語帳

TOEICに出そうなフレーズの

「enclose an invoice」=「送り状を同封する」

もメモして単語帳で覚えていきましょう。

invoice
名詞 送り状 インボイス

enclose an invoice=送り状を同封する

 bulletin 掲示

読み方は「ブルテン」が近いです。

(正確な発音よりは、覚えやすい発音を推奨しています。)

「bulletin」の覚え方

初めての単語はまずは暗唱します。

「ブルテン、掲示」×5

これだけでは忘れてしまうので、イメージと語呂でも覚えます。

転勤辞令が掲示板に貼ってあります。

それをドキドキしながら見る。

このような状況を想像して

「ブルブルと、転勤あるのと、掲示見る」

転勤をカタカナにして

ブルブルと、テンキンあるのと、掲示見る」

ここから

「ブルテン(bulletin)=掲示」

と結びつけておくと良いと思います。

「bulletin」の単語帳

「bulletin board=掲示板」も押さえておきましょう。

bulletin
名詞 掲示 広報 公示

ニュース速報 flash news bulletin

掲示板 bulletin board

 

「TOEICのスコアを上げたい!」

と思ってる方は、こちらの記事もご参考に。

私が900点にたどり着いた勉強方法を紹介しています。

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。