TOEICに出る単語の「覚え方」と「単語帳の作り方」を紹介しています。

覚えにくい単語は、単語に合わせた覚え方で対応しましょう。

今回は「atmosphere」「spacious」「install」を紹介します。

atmosphere 雰囲気 大気

読み方はカタカナだと「アトモスフィア」ですかね。

「雰囲気」や「大気」など、広い意味で使われます。

「atmosphere」の覚え方

まずは雰囲気が悪いこのような状況をイメージします。

ある試合で、審判の「えこひいき」がひどい。

そして、ある選手がついに、こう言いました。

「あと、もう少し、フェアにして」

ここからアレンジして

「アト、モスこし、フェアにして」

⇒「アトモスフィア=雰囲気」

最初に雰囲気をイメージしながら、覚えていくと良いと思います。

あとは使って覚えるようにしましょう。

ちょっと前、空気が読めない人の事を「KY」と呼んでましたね。

これを単語を覚えるために、

「AY=atmosphereが読めない」

とアレンジして「使って覚える」ようにもしていきましょう。

「atmosphere」の単語帳

「使って覚える」ために「空気が読めない」を連想できそうな写真にしました。

atmosphere
名詞 雰囲気 空気 大気

予備知識「sphere=球体」

「地球は球体」周りにあるから「大気」

spacious 広々とした

読み方は「スペイシャス」です。

「space(スペース)=空間」は日本でも使われていますね。

これを使って覚えていきましょう。

「spacious」の覚え方

日本でも「スペースがある」と使っていますね。

「スペース」を「空間、空き場所」と訳さなくても、直感で理解している人がほとんどですよね。

このように、英単語は「直感で理解」できるようになることを目指していきましょう。

話がそれてしまったので「覚え方」に戻りますね。

「spacious=広々とした」は俳句のように

「十分な、スペースあるよ!スペイシャス」

ここで「十分なスペース=広々とした」

とイメージし

「スペイシャス=広々とした」

「spacious=広々とした」

このように俳句を唱えて覚えてはどうでしょうか。

「spacious」の単語帳

「spacious」は形容詞です。

品詞はTOEIC対策のために、要チェックです。

同じ意味の「roomy」もメモしておきました。

spacious
形容詞 広々とした

≒roomy

 install 取り付ける/任命する

読み方はカタカナだと「インストール」です。

この単語も「アプリをインストールする」など、普通に使われている単語ですね。

「install」の覚え方

日本でもパソコンのソフトやアプリを「インストールする」と使っているので、「取り付ける」は説明不要ですかね。

もう一つ、セレモニーなどで「役職を任命する」という意味があります。

これはパソコンのソフトやアプリだけでなく

「install」は「人にも使われる」

とイメージで覚えると良いと思います。

例えば、

「宴会で徳さんを司会にインストールする」

と言っても「徳さんを司会にしたんだ!」と

なんとなく意味がわかりますよね。

これを日本語で「任命する、就任させる」と言えば、しっくりきますね。

ですので、「install」は

「パソコンソフト」「機械」「人」に使われる

このことを押さえておきましょう。

「install」の単語帳

名詞の「installation」もメモして、単語帳で語彙力を増やしていきましょう。

「単語帳を見る習慣」がついてくると、直感で理解できるようになっていきますよ。

install
動詞 取り付ける 任命する

関連 installation (取付、就任)

「installation」の単語帳

「人にも使われる」をイメージ出来るように、単語帳を活用していきましょう。

installation
名詞 取付 任命 就任

installの語尾が「tion」になり名詞

 

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。