なぜ英語の勉強を始めたのか?

いつかは英語がしゃべれるようになりたい!

TOEICで高得点を取りたい!

あなたも「いつかは!」と思っていませんか?

私は学生のころからずっとそう思っていました。

しかし、ちょっと勉強を始めても長続きしませんでした。

30才を過ぎてふと、「10年後の自分は今のままでいいんだろうか?」と考えた時、

今のままでは10年後も「英語がしゃべれないままではイヤだ!」

と思い英語の勉強を開始しました。

私は独学ですきま時間を活用して勉強してきました。

このブログが、「いつかは英語をモノにしたい!」

と考えている会社員、サラリーマンの方の参考になればと思います。

ちなみに、私が初めてTOEICを受験した時の点数は400点でした。

中学、高校、大学と英語を勉強してきたのに・・・。900点を突破するまでに5年くらいかかってしまいました。

ですので本当にいろいろな勉強の方法を試してきました。

いろいろと時間をかけてやってきたからこそわかる、すきま時間を活用した効率的な勉強法を紹介していきたいと思います。

すきま時間の作り方

「毎日忙しくて勉強する時間を取れないよ!」と思っている方が多いと思いますが、まずはすきま時間を見つけるために、あなたの平日の日常生活を振り返ってみましょう。

そして5分でも10分でもいいので、普段の生活の中で時間が取れるか考えてみましょう!

私の場合はこんな感じでした。

  • ちょっと早起きして30分
  • 通勤中の行きと帰りで2時間
  • 休憩中に10分
  • 帰宅後 30分

合計すると、時間は3時間くらいあり、勉強できる回数は1日に6回もありました。

最初はとてもやる気があったので、とりあえず全部やってみることにしました。

しかし、仕事の休憩中は全く勉強することが出来ませんでした。

そこは無理せずに、出来る時間だけやるようにしました。

そう!出来るかどうかは、実際にやってみないとわからないんですよね。

ですので「とりあえず、やってみる!」って気持ちで始めてみるが良いと思います。

簡単にまとめると

「勉強出来そうな時間を考える」⇒

「実際にやってみる」⇒

「自分にあった時間がわかる」⇒

「継続する!」

このように、シンプルに考えて、無理なく、すき間時間を活用していきましょう!

そして、なんとなくでも「やってみようかな?」と思えたら、効率良く上達するために知っておくべき、大切なことがあります。

それは、1日の勉強時間は減ってしまっても、1日の勉強回数は減らさないことです。

どういう事かというと、残業で疲れ切って、帰りの電車でやる気が出ない…こんな日ってありますよね。

こんな時は「いつもは30分やってるけど10分にしよう!」と思い切って妥協して、勉強時間を減らしてしまっても良いと思います。

一番大切なのは、スケジュール通りに勉強をすることよりも、「勉強を継続していくこと」だからからです。

そして、さらに早く「英語を上達させたい!」という方は、1日の勉強時間は増やせなくても、「1日の勉強回数を増やすこと!」これを意識するようにしましょう。

「なぜ時間ではなく回数にこだわるのか?」

というと「覚えたことは忘れるもの」だからです。

1時間かけて覚えたものでも、その1回だけでは、そのうちに絶対に忘れてしまいます。

それってもったいないですよね?

本当に大切なのは「忘れた事を思い出すこと」なんです。

そして、これを何回も繰り返す。

こうしていくことによって「本当の英語力」が身についてくると思っています。

ですので、1分や2分でもいいので

回数を増やすこと!」

を意識して勉強を進めていくことをオススメします。

なにから始めればいいのか?

TOEICの勉強は「リスニングの勉強から始める」ことをオススメします。なぜなら、英語を聞き取れるようになることが、一番時間がかかることだからです。

しかもスマホとすき間時間があれば、どこでも出来るので、忙しくてまとまった時間が取れない方でも始められます。

ですので、これから目標を設定し「将来は高得点」を目指していくためにも、一番時間がかかることを一番最初に始めておくことが大事だと思っています。

そして、リスニングの勉強を始める前に、絶対に知っておいて欲しいことをお伝えします。

それは「英語発音のルール」を覚えておくことです。

英語には、日本語にはない発音がたくさんあります。

このことが、英語を聞いた時に「全然聞き取れない理由の一つ」となっていると私は思っています。

とは言うものの、私自身はこの「英語発音のルール」を覚えずに勉強を始めてしまいました。

そして、TOEICで伸び悩んだ時に

「なんで聞き取れないのか?」

「なんでスピードについていけないのか?」

と悩んでいました。

そんな時に始めた勉強が「英語の発音のルール」を覚えることだったんです。

たまたま、本屋さんで目にした教材で発音のルールを覚えていったところ、600~700点くらいで伸び悩んでいたのが、一気に800点を突破することが出来ました。

ですので、まずは「発音のルール」を覚えて、それからTOEICのリスニングの勉強を始めても、全然遅くないと思います。

むしろ、「発音のルール」が頭に入っているのと、いないのでは「これから先の上達スピードが変わってくる!」と思っています。

まずは、あせらずに基礎からしっかりと固めていくようにしましょう!

一番大事なこと

それは、なんといっても継続する」ことです。継続していくためには楽しくないといけないと思います。

楽しんで勉強を継続していくためには、

「英語が出来るようになった自分」

を思い描くようにしましょう!

「給料が上がった!」

「転職に成功した!」

「かわいい彼女が出来た!」

などなんでもいいので、自分のモチベーションが上がるような楽しい未来を想像しながら勉強をしていくことが楽しんで勉強を継続していけるコツだと思っています。

このブログではこれから

  • どのようにすればTOEICで高得点が取れるのか?
  • どのようにすれば聞き取れるようになるのか?
  • どのようにすればしゃべれるようになるのか?

について、私の体験をもとに紹介をしていきたいと思っていますので、皆様の参考になれば幸いです。

2019年おすすめの英語教材

英語教材選びは大切ですよね。

人気だけじゃなく「実績」と「コスパ」を重視する私が今も実際に使ってるものを紹介しています。

英語教材の感想はこちら

よかったら参考にしてみて下さい。